観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員の認識、社長の認識 意外なギャップ

11月に入って1回もアップできてません。

雑誌もほとんど読めてません。

ついにスポンサーサイトが表示されるまでに
なってしまいました(^^ゞ

・・・ということで久々にぼやきます。

タイトルに書いたように、社員の間では常識的なことで
あっても、社長は認識していないことがあります。

逆に社長にとっては当たり前の考えが社員には伝わらない
こともあります。

まずは、前者の一例です。

あるオーナー系中小企業でこんなことがありました。

ある社員(以下、Aとします)が経営幹部に社長の独断で
選出され、2、3年経過しました。

そんなある日のこと、社長さんはこんなことを話されました。

「Aくんを幹部に選出したが、誰も彼のことを批判する人がいない。
 彼は人徳があるんだな。選んだ俺に間違いは無かった。
 彼の人間力を他の社員には見習ってほしい」

これは社員の人から聞いている話とおそろしく
ギャップがあり、新鮮にビックリさせられました。

人は長所もあれば、欠点もあり、どちらも合わせ持ちます。
そして幹部として何事かなしとげようと推進すれば、立場の違いから
不平不満がでることが避けられません。

つまり、経営幹部たる立場の人に対して例外なく社員全員が真に
批判しないということはありえないことです。

”批判が無い”というのは次のタイプぐらいです。


◆経営幹部なのに本来の役割を果たそうとしていない茶坊主

  経営幹部の仕事は会社の経営課題をおしすすめることです。

  現状の延長線ではなく、会社の目指す将来像に向かって、
  飛躍させる役割です。

  そのために方向性をしっかりと自分の中の評価軸として持ち、
  この方向に向かわせるために計画を立て、メンバー達と目標を
  共有化させ、実行に向かわせます。

  進捗する中では描いた将来像を軸にしてジャッジし、軌道修正
  を行い、ときには厳しい決断もくださなくてはなりません。

  こうした役割を推進するときに社内での摩擦(フリクション)
  が生じます。

  長期的にみると”ゆでガエル”の例えのようにヤバイことが
  分かっていても、現状の延長でも数年は食いつなげるケース
  を想定してください。

  ”ゆでガエル”とならないように事業構造を改革するような課題
  に取り組まなくてはならず、それが困難なケースは多々あります。

  既存のお得意先をとばして、エンドユーザーとつながらなくては
  ならなかったり、あるいは既存の購入先に厳しい条件をつきつけて
  取捨選択しなくてはならなかったり、既存の事業を取捨選別しなくては
  ならなかったりします(それに伴ってリストラが発生します)。

  大規模赤字や累損などまだ明らかな危機がでていない場合には
  社員の中にはなかなかその必要性が理解されません。

  いますぐやらなくても破綻という分かりやすい危機が目の前に
  ないので、それをおしすすめようとすると批判、陰口いろいろ
  叩かれます。

  ですので、経営幹部としての役割をまっとうしようとする人は
  批判は避けられないものです。

  っと・・・たいへん長くなりましたが、
  ここまでが経営幹部で役割を果たそうとしている人に
  批判がないわけがないという前提です。

  ですので、逆に言うと批判の無い人は経営幹部としての役割を
  果たそうとしていない人です。

  そんな人が間違って経営幹部でいられるのは
  トップのご機嫌取り「茶坊主」だからです。

  社長の言うことにご機嫌取り発言をして、やってるフリは
  します。

  やってるフリってのは・・・こんな手口です。

  社長がやろうとすることはどんな無茶でもYesです。
  そして、社長の言ってる無茶なことをそのまま下に
  命令します。

  うまく成功したら自分の手柄、失敗したら部下のせい・・・
  部下の能力不足、教育がわるい、組織がわるい・・・どんどん
  責任転嫁します。

  こんな上司に出会った経験ある人多いのではないでしょうか?


◆人事権があるかのようにふりまわすマインドコントローラー

  こいつらは下に対しては”恐怖”でコントロールしようとします。
  つまり人事権を持ってるかのようにふりかざします。

  でも茶坊主に過ぎないのでトップと直接つながってしまえば
  無力化される存在です。

  ただ、少しでも言うことを聞かない兆しをみせれば嫌がらせを
  します。既にマインドコントロールされた周囲を使って孤立化
  させます。  

  そして人事権をちらつかせながら恐怖を感じるまでじわじわと
  揺さぶります。恐怖を植え付けられればもうマインドコントロール
  の対象になってしまいます。

  ブラック企業の経営者がこのタイプのようです。

  新しく入社した社員にはちょっとしたことでもとりあげて
  言葉のイジメをします。

  徹底的にイジメて恐怖を植え付けます。

  ちなみに採用基準は学歴でも経験でもなく、責任感がある
  マジメな人かどうかだけだそうです。気配りができてあまり
  強硬に主張を押しとおさない人というのも同義語だそうです。

  こういう人なので恐怖に支配されると無理難題にも責任感
  つよくやりとげようとします。

  そして時々奇跡的にクリアしてしまうこともあります。

  そしてブラック企業では、こうして生き残った社員が
  給与が高くなってくると次のように希望退職に導きます。

  まず出世させます。
  そして部門長として部下に指導し、それなりのポジション
  で自負・プライドを持たせます。

  その後、部下の前でけなします。
  徹底的にプライドをぶちこわすような罵倒です。

  ここで辞表がだされることが多いようです。

  それでもまだ出さないようなら職場異動です。

  こうした企業は大きくはなりません。

  ですが、小さいままでもそこそこ続くシステムです。
  人件費を最小化のまま循環していきます。
  マジメな責任感強い人達の魂を吸い尽しながら生き延びます。

  こんなに労働環境が買い手市場だから成り立つシステムです。
  

脱線しましたが、こうした輩を見抜けないトップは不幸ですし、
そんなトップの下で働く社員も不幸です。

短期的にダメになる傾向がでないので気づかない社長は
ほんと気づきません。


冒頭に述べたある社長さんも早く気が付くといいのですが・・・

迷信は信者が取り除くしかないですからね。
ハタから言えば言うほど意固地になるだけです。

気が付かなければ発展がないどころか、じり貧の会社に
なるのは間違いありません。  
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【社員の認識、社長の認】

11月に入って1回もアップできてません。雑誌もほとんど読めてません。ついにスポンサーサイトが表示され

comment

管理者にだけメッセージを送る

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。