観葉植物
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても中国に進出したいなら・・・(運営がうまくいかない)

過去の関連ボヤキはコチラです。

 1.土俵にのぼれないリスク
 2.会社形態の選択
 3.利益、税金、借入(どちらの国で?)
 4.身を守るのは大変です(カントリーリスク)
 5.土俵にのぼれないリスクの再まとめ
 6.事業運営がうまくいかないリスク(中国人気質、社会事情など)


前回は「事業運営がうまくいかないリスク」について
中国人気質や社会事情を交えてボヤキました。

さらに事業運営がうまくいかないリスクは進出体制にも
あります。

「O・K・Y」・・・って聞いたことがあるでしょうか?

中国現地のスタッフから聞かれる言葉です。


中国では日本の常識からするとアンビリーバブルなことが
起きます。

普通に手続きや許認可が滞りますし、期限を守らないことや
まったく違うものが出来あがったりすることなど日本では
信じられないことが多々あります。

日本では上司が部下に期限を決めて仕事に取り組ませます。
交渉ごとでもあおういうことは珍しくありません。

中国では交渉事に期限を決めた方がマケです。
期限を責務として与えられるとその期限までにおわらせる
ように相手の条件を飲まなくてはいけなくなります。

日本の上層部が現地に期限を迫るというのは交渉を不利に
すすませる要因となります。


そんな事情が異なる国で現地スタッフが困るのは
日本の上層部が理解しないことです。

日本の常識で物事をはかり、「いったいどうなってるんだ」、
「おかしいだろう」、「ちゃんとやってくれよ」という
輩です。 上記のように交渉事でも現地スタッフを
不利にするようなことを平気で言うようです。

勉強不足で、ある意味パワハラです。

ただでさえ、中国社会との戦いに疲れている現地スタッフ
からすると味方になるべき人まで敵にまわられてしまったら
たまったものではありません。

やっと話が最初の問いに戻りますが、
そんな困った上層部の人達に、そんなに言うなら

「お前が(O)、来て(K)、やれ(Y)」

といいたい気持ちの頭文字をとったものでした。


中国の交渉事では決裁権限をもつ人でないと相手にしてもらえません。

現地スタッフに権限を持たせ、任せて支援することが
ないとうまくいくものも無理です。

自分たちが行きたくないから若い人たちに押し付けて
進出を図る場合にこういうケースが起きるようです。

オーナー企業ならオーナー自らが行かないとうまくいかない
ようですね。


さて、ではどうしたらこの運営リスクを緩和できるのでしょうか?

次回のボヤキに続きます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。