観葉植物
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても中国に進出したいなら・・・(会社形態の選択)

この前は「土俵に立てないリスク」ことについて
ボヤキました。

会社形態の選択によって生じるリスクについて
ボヤくのを忘れてました。

会社形態は合弁、合作、独資と選択肢があるようです。
合作は合弁の亜流のようなので合弁と独資について
だけボヤくことにします。

中国進出が始まった頃は合弁が主流でした。
多くの業種で出資規制があってやむなく合弁という事情も
ありました。

最近は独資が増えてるようです。

各々のメリット・デメリットはこんなところです。

<合弁>
 ◇中国における行政手続き、商売上の障壁、人事管理の難しさ
  などで合弁パートナーである中国側のネットワーク、人脈、
  国民性の理解などが活用でき、スムースにすすめられる。

 ◇中国側パートナーと立場・考え方が違うので合意が困難。
  ・中国側パートナーは投機という位置づけ。
   -日本に持ち帰るための利益分配と拡大再投資という立場で
    異なる。投機した出資が早期に最大限で回収できるよう
    スピード展開を望み、年輪経営のような考えは好まない。
   -品質をしっかり確立し、それを支える人材を育て、
    着実に成長させたいという考え方は受け入れない。

 ◇中国側パートナー企業はのっとりを考えているもの。
  お金をぶんどったり、会社をのっとったり、技術ノウハウを
  盗んで中国にもたらすことで国からほめられる国。
  さらに”用がすんだらポイされる”で済めば良い方で、
  すべてを捨てても撤退すら用意でない場合がある。
  

<独資>
 ◇自分の思いで経営のかじ取りができる。

 ◇顧問や経営幹部など中国側の協力者を得られない場合は
  手続き、商慣習、労務管理などで壁にぶつかる。


合弁を選択した場合は合弁パートナーともめて合意できず
にスタートラインに立てないことがあり、独資ではまさに許認可
などでたちどまることがあるということです。


次回へ続きます。  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。