観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に関する警鐘3

前々回前回の続きです。

段々と疲れてきたのでここからはおおざっぱにいきます。

前回までのボヤキは・・・

◆2012年の中国のGDP成長目標は7.5%

◆しかし、電力使用量の伸びでみると2012年1-7月
 で前年同期比5.4%しかない

◆2011年のGDP9.2%成長を支えた構成要素別に
 現況がどうなっているかチェックして今後の成長を
 占う

◆9.2%を構成要素別に分解すると
 投資が5.0%、消費が4.8%で、純輸出は▲0.6%

◆「投資」は30兆元で構成比が大きいのが
 製造業34%、不動産25%、鉄道・道路17%

◆製造業は下記の理由でたいした伸びは期待できない
 (むしろ脱中国で現減少もありうるか)
 ・電力使用量でみると第2次産業は前年比3.6%増
 ・これまで世界の工場として評価されてきた背景である
  ”廉価な労働力”が喪失
 ・内需目当ての製造業として自動車産業をみても
  GDP7.5%を支えるには貧弱な伸び
 ・付加価値路線への転換が図れるか否かにかかって
  きそうだが、その兆しはまだみられない

◆都市部でも不動産価格は停滞しており、こちらも
 期待しづらい。

で、ここからが続きです。

◆鉄道・道路の公共投資は国次第。

 ・リ-マンショック後の4兆元投資は地方政府の財源

 ・地方政府の主要財源は土地使用権の売却収入

 ・廉価な労働力に魅力がなくなったこの国で地方政府の
  土地使用権売却収入は期待しづらい

 ・既に借金していた分の償還期が到来しはじめており、
  地方政府に投資余力はナシ

 ・残るは国家政府の予算次第。
  地下鉄のように参入したい外資からむしることも
  ありかも知れない。

◆・・・ということで「投資」にはあまり期待できず。

◆では「消費」はというと、

 ・これも雑誌にでていたのですが
  「投資」が期待できずGDPの5割未満の「消費」だけで
  7.5%を支えるには15%の伸びが必要で、物価上昇を加味
  すると20%の伸びが必要なのでまず考えにくい。

 ・貧富格差の大きい国で、
  -貧困層は住宅高騰、物価高騰で
   悲鳴をあげて内紛マグマがたまっている状況。
  -富裕層はバブルをバックにした消費。これも危うい。

 ・目先、賃上げがあり、まだバブルも激しく崩壊していないので
  そこそこ消費は伸びるだろう。


以上です。こんなところから7.5%の経済成長ですら
危ういとされている背景かと思います。


続きはまた次回へ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。