観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーカーのすすむ方向は?

◆メーカーが小売より強い時代があった!?

 高度成長時代は有力メーカーの製品を小売りが
 卸してもらう時代です。

 M下産業の意向に従わず、スーパーD社がM下
 の製品を卸してもらえないということがありました。

 メーカーが強く、メーカーのいうことを聞かないと
 メーカーに売ってもらえないという今では信じら
 れない時代がありました。

 でも、今では小売の力が圧倒的に強いです。

 よっぽど人気のオリジナルブランドでもなければ、小売りの
 言うことを聞かなければ、こうです。

 「あっそ じゃあバイバイ。
  代わりはいくらでもいるから・・・」


◆何故 力関係が変わったか?

 根幹にあるのは「需要と供給のバランス関係の変化」です。

 高度成長時代は「 需要 > 供給 」です。
 テレビ、洗濯機、冷蔵庫がまだ各家庭に行きわたっておらず、
 供給が追い付きませんでした。

 つくれば売れる時代でした。
 効果的な拡大再生産が最優先の基本課題です。

 オイルショックを迎えて・・・それが過ぎ去る頃からでしょうか・・・
 「 需要 < 供給 」と構造が変わりはじめました。

 そして宮沢喜一首相(当時)の世紀の大失策・・・総量規制を機にした
 ハードランディング=バブル崩壊がやってきました。

 これが膨れ上がった需要の劇的減退を招きました。

 つまり、「 需要 <<< 供給 」の決定的デフレ時代が
 宮沢喜一によって生み出されたのです。

 宮沢喜一は痛くもかゆくもなかったでしょうが、国民の多くは
 深い痛みを味わった暗黒の10年でした。中高年の自殺が
 近代の中で史上最高を記録しました。

 これはすべて宮沢喜一が自分のことしか考えずに
 人為的に引き起こしたことです。

 さて、話がいつものように脱線しました。

 でも宮沢喜一は私の周囲でも自殺者を生み出した
 法律で裁けぬ凶悪犯罪者です。


◆ 需要 <<< 供給 の基本構造は変わりません

 ある程度、便利なもの・・・例えば3種の神器がいきわたって
 しまうと基本的に欲しいものはなくなります。

 ニーズが充足された状態です。

 この状態はいまの政権で値上げ基調になりつつも
 基調は変わってないかと思います。

 その証拠に小売の強硬的なパワハラともいうべき
 押し付けは変化がないようです。


◆その先は・・?

 小売りの代表的なものとしてスーパーを例にします。

 いまやスーパーは昔とうって変わりました。

 昭和の昔の時代のス-パーはオーナーが現場にたってやって
 いました。

 それがゆえ、気に入ったもの、もっというと志が共感できたものは
 POSデータ(当時はナシ)がどうであれ、我慢して育てようと売り場に
 置き続けてくれました。

 今や、サラリーマンバイヤーです。そんな意思決定はできません。
 POSデータをみて不採算な商品をカットし、新しい商材を入れます。

 製品を育てるという視点はまったく皆無です。
 置いたものが売れなければすぐさまカットです。

 これは業界標準的な考え方かと思います。


◆さらに次の段階へ

 スーパーのPBってご存知ですか?

 (1)まずはメーカーにやらせる
       ↓yes
 (2)数量&利益確保のものがあるか?+
       ↓yes
 (3)上記の条件をみたすおいしいものはPBにしよう!

 って流れです。

 つまりはメーカーが努力して売れはじめた頃に
 PB化されて、開発研究費など先行投資を回収
 できる時間もなく、スーパーに利益をかっさらわれます。

 断ればいいのでしょうが、先日に日経ビジネスで
 書かれていたようにPBは毒饅頭です。

 すべてのスーパーがそうだとうは言いません。
 しかしAEのようなスーパーは数々のメーカーの屍を
 踏みにじってきました。

 そう、ついこの前の三重のメーカーを自らの責任を
 とらずにたたきつぶした事件も記憶に新しいかと
 思います。


◆さて、その状況が変わらないとして、どうしたら?

 このチャネルでやっている限り、世界戦争で供給が絶たれるか、
 アジアからの流入自由化で人口急増でも生じない限り、基本構造は
 変わりません。

 ゆえに、いま小売りが立場が強い理由を考えベきです。

 コトラー先生でしたっけ? バリューチェーンの分析からすると
 お客様を抱えてるところが立場が強いです。

 需要 << 供給 だからです。

 つまり、最終消費者を握らないと構造は変わりません。

 最終消費者とつながるのが難しい・・・

 昔はそうであっても、いまやインターネットの普及で様変わりです。

 ゆえに最終消費者と直接につながる通販がメーカーの唯一無二の
 脱出ル-トに思いますが、みなさまどう思われますか?


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。