観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年前の食糧高騰の再来

小麦、トウモロコシ、大豆など穀物が上昇しています。

アフリカ情勢の緊迫とともに原油に投機マネーがシフトし、
一時的にダウン&アップしてますが、3年前と同様な高値状態
になっております。

食料品高騰が暴動の原因にもなっています。

原油があがればバイオエタノールも上がり、トウモロコシも不足する。
トウモロコシが不足すれば飼料が不足し、飼料用途も大きい大豆も
高騰する。そして、オーストラリアの干ばつなど異常気象が後押し
する・・・こんな構図が3年前です。

そして、当時はもう価格が戻らないというトーン一色でした。

ところが急落しました。そして低迷が続きました。
ラウンドラッシュの動向はあり、長期トレンドではファンダメンタル
に変動がなかったにも関わらず・・・です。

どうしてでしょうか?

more...

スポンサーサイト

ジェラシー

ドラマの不毛地帯をみています。
里井副社長が関係会社に異動になりました。

異動の通告時に大門社長から”僕にもしものことが
あったら、君にお願いしようと毎年 遺言状に書いて
あったのだよ”と打ち明けられます。

里井副社長はジェラシーから狂わせました。
壱岐正の実力にジェラシーして、陥れようとしました。
そしてビッグプロジェクトをダメにしました。
冷静さを失い、大門社長にもかみつく始末・・・

詳細は割愛しますが、ジェラシーは冷静な判断
を損なわせ、身の破滅に向かわせるものになる
ことを示してました。

里井副社長は壱岐正の実力をうまく使ってあげれば
よかっただけなのに・・・自爆テロ行為のような
ものです。

どうしてもジェラシーというものはあるものです。
ですが、そこに固執してはわが身を焦がすだけです。
冷静な判断ができる嫉妬から切り替えるスイッチ
を持っていたいものです。

通販に学ぶスゴ技

前回からの続きです。


●GILT(ギルト)

 次はギルト社です。 スゴ技は、
  ネットならではの緻密な顧客分析
 をあげています。

 もともとはフラッシュ・マーケティング(限られた商品を
 大幅割引して短時間のうちに一瞬にして販売する手法)
 を取り入れて成長したようです。

 しかし、現在では正規価格での販売に舵取りが行われようと
 しているようです。

 GILTは会員登録が前提になっています。

 訪問頻度、購入履歴、サイト状の動きなどを分析して
 最適なメルマガを発信するそうです。その種類は
 毎日200種類だそうです。

 メルマガだけでなく、アクセス時のページも顧客に
 よって変えるそうで、購入金額の高い会員のみ入れる
 クラブも用意しているそうです。

 通販の顧客管理ではFRM分析が有名です。
 F:頻度、R:最近購入日、M:購入金額のことで
 頻度が高く、購入日が最近で、購入金額の大きい人が
 有望顧客と考え、各々を得点づけして得点の高い対象者
 を抽出する手法です。

 これに似た手法なのかも知れませんね。

 あとギルト社ではブランド側に、サイト閲覧者、商品を
 クリックした人、商品購入の機会を逃した人など
 のデータを提供しているそうです。

 ギルトでの反応をみて、店舗への出荷量を調整する
 ブランドもあるそうです。

 アパレルのロスは大きな悩みなので、ブランド側には
 メリットなのでしょう。

●JIMOS
 次は化粧品の通販 JIMOS社です。
 スゴ技は
  「スプリット・ラン・テスト」
  「最適化」
 という2つの販促手法だそうです。

 「スプリット・ラン・テスト」はA/Bテストとも
 呼ばれ、複数の候補を同時に走らせて効果を検証
 する手法だそうです。

 「スプリット・ラン・テスト」で効果の高い図柄や
 写真、キャッチコピーなど素材を選び、それらを
 組み合わせて「最適化」するそうです。

 通販は”仮説検証の積み重ね”のビジネスとも
 言われます。これを積み重ねて蓄積したデータこそ
 ノウハウともいえます。

 「最適化」は「ランディングページ」に対しても
 行われるそうです。
 たとえば、無料サンプル申込者と無料サンプル体験者
 とで最初に訪れるウェブページ(ランディングページ)
 を変えているそうです。

 メールも初回購入を促す場合とリピート購入を促す
 場合とで変えているそうです。

 従来の
  ・チラシやCMなどでガサっと新規顧客を集め、
  ・FRM分析で反応率の高いところにDMを
   うちまくる
 という通販モデルは、新規顧客の獲得コストが膨大に
 なって通用しなくなっています。 

 顧客を着実にランクアップさせるためにはこうした
 アプローチは重要です。

あとはジャパネットたかた、楽天、ヤフーの紹介がされてますが、
割愛します。

これらを見ていてなんとなく思うのですが、健康食品の分野の方が
一歩すすんでいるように感じました。

いまいち新しい情報は入ってこず、例えばグルーポンなどがやっている
ことを”フラッシュマーケティング”と呼ぶんだというカタカナ用語
を知るにとどまったような印象でした。がっかり・・・

通販に学ぶ スゴ技誘客術(日経ビジネス)

日経ビジネス2.14号の表紙には

 通販に学ぶ スゴ技 誘客術
 なぜ買っちゃう驚異の舞台裏

とあります。なにやら興味をひくタイトルです。
中身をのぞいてみました。

●ゾゾタウン(スタートトゥデイ)
 まずはゾゾタウンのスタートトゥデイ社の紹介です。
 スゴ技として、

  ブランドの枠を超えて膨大なアイテムの比較検討
  できる利便性を提供したこと

 をあげてます。

 たしかに、リアル店舗ではなかなかできないことです。

 ゾゾタウンの規格で1500を超えるブランドのデータベース
 をつくり、Tシャツなら色、袖丈、柄、ネック形状の
 条件で検索できるそうです。
 データベースには常時10万点を超えるアイテム登録がある
 そうです。

 しかし、ここである程度、ターゲットが絞られたら
 実際のお店に行く選択肢もあるハズです。

 忙しい人、近くにお店がない人なんかが対象なのかな
 とも思いますが、この発想自体が古いのかも知れません。

 価格がそこそこ手ごろなら、なんの抵抗もないのが
 現代っこなのかも知れません。

 ゾゾタウンについては返品不可である理由や「受注会」
 なるものについても紹介されていました。

●アマゾン
 お次はアマゾンです。スゴ技として
  「シンデレラ」
 が紹介されてました。ネット販売する靴を実際に履いて
 履き心地やフィット感を入力する女性のことをそう呼ぶ
 のだそうです。この情報が掲載されるようです。

 あとは送料無料、返品可能(30日間まで)、返品送料は
 アマゾン負担など顧客側の負担というハードルをどんどん
 下げることも紹介されていました。

●ジェイド
 次はロコンド.jpのジェイド社です。
 スゴ技として
  実店舗と比較にならない品揃えで
  電話対応により顧客のニーズに応え、
  返品無料で何度でも試せる
 環境をつくったことがあげられてます。

 取り扱うのは500のブランドだそうです。
 すべて定価での販売だそうです。

 ネット通販ながらフリーダイヤルをでかでかと掲載し、
 電話がかかってくることをヨシとして、社員が対応
 するそうです。しかも土日も含めて8-22時対応だそうです。

 顧客ごとの購入履歴を管理し、コンシェルジェが
 顧客ごとに最適な形状やデザインなどお勧めするそう
 です。

 送料無料、返品も99日間可能だそうです。

 まるで日本の小規模な老舗旅館みたいですね。
 健康食品のコールセンターも相通ずるところがあるや
 も知れません。微妙ですが・・・

。。。とりあえず、次回へ続きます

2月初投稿

ほんとバタバタ続きで・・・
言い訳です。

2月に1回もボヤけてませんでした<(_ _)>

調べたいネタあるのですが、たくさん抱えると
分散して瞬間的に忘れてしまったり・・・

いかんですね。トシかなぁ。。。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。