観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自らを見失う経営者

10/23のボヤキは「自らを見失う経営者」というタイトルでした。

ボヤいてるうちに話がそれていってしまいました(^^ゞ

10/23のボヤキで言いたかったのは、「自らを見失う経営者」ということです。

なんとか周囲のバックアップを得て大きくなると、自分の力を
勘違いする経営者がいるということです。

 中身が伴わないまま、体のよいことを言い続ければこのままなんとかなってしまう
 と思いこむ人もいます。

 苦言を呈されれば、”ネガティブだ”と精神論で否定する。

 「成功するまで続けるから失敗は無い」といった耳触りのよい格言を
 ふりかざして正当化する。

 社員の言うことは聞く耳を持たず、ネームバリューのある外部の人の
 言うことを鵜呑みにする。

こんな兆候があらわれてきたら会社の行く末はかなりの危険信号です。


レジャー産業界で一時はけっこう注目を浴びた方がいらっしゃいました。

その方は新しいコンセプトのレジャー施設構想を夢に描き、銀行をはじめ
周囲から協力をそれなりに大きな規模のレジャー施設を運営するように
なりました。

その成功例に飽き足らず、さらに大きなレジャー施設へとチャレンジしました。

最初の成功例も身の丈を超えた施設でしたが、今度のはけた違いです。

マスコミは大衆ウケするそのビッグな構想ネタに、オーナーをたたえチヤホヤ
しました。そして自分のところの仕事になる業者も同じです。
こぞってオーナーをチヤホヤと讃えました。

以前のオーナーであれば、聞いたことも、もはや聞く耳を持ちません。
チヤホヤされ続けて、レジャー業界では自分が”カリスマ”と思いこんでしまっています。
過去の成功例にも呪縛されています。

商圏人口、集客モデルによる推計、消費動向、アンケート調査結果など
客観的なデータをもとに”小さく産んで大きく育てる”路線も提案されましたが
無駄なことでした。

なんどかあった軌道修正のチャンスは、精神論をふりかざしてつぶされました。
ひどいときは、「自分は気を使えるんだ」とまで言い出し、社員に手をかざして
いたそうです。演技する社員も大変だったそうな・・・

その後は、みなさまご想像の通りで破綻し、いまや身をひそめて暮らしております。

こんなことが起きてほしくはないのですが、事例は少なくないように感じます。
不思議と60才前後で後継を意識し始めたころからこういう現象を起こすようです。

分かるような、分からないような・・・その年になるまで真には理解できない
かも知れませんね。
スポンサーサイト

役に立つ改善案の3原則

前回のボヤキで紹介するとした

 「役に立つ改善案の3原則」

をボヤきます。

役に立つ改善案は次の3つを兼ね備えているということです。

 1.ニーズに沿っていること
 2.有意性があること
 3.オペレーショナリティなこと

では、各々簡単ですが、ボヤくことにします。

more...

仕事を任せてもらうには・・・

「いちいち報告して判断をあおがないとやらせてもらえない。」
「毎日チェックされて、細かいことをイチイチ指図される。」
「なんで、あいつにやらせるのか。僕の方がもっと出来るのに・・・」

こんな風に、”自分には実力があるのに任せてもらえない”という悩み
を若い時分に抱えられたことはありませんでしょうか?

強いては、自分の実力を理解しない上司に不満を感じた経験をお持ちの方は
少なくないかと思います。

”なんでこんなことやらなきゃいけないんだよ。”
”いちいちうるさんだよ。そんなに言うなら自分でやったら?!”

こんな不満を表にだしていては、さらに仕事は任せてもらえません。
上司のみる眼が節穴ならなおさらのことです。

上層部に声が届くこともなく、届いたとしても事実がどうであれ
ぞんざいに扱われることでしょう。

そんな状況を脱するには発想を変えることです。

more...

AIDMAの法則

ご存知の方も多いかと思いますが、
アイドマ(AIDMA)の法則
って呼ばれてます。アメリカのローランド・ホールの提唱した法則です。

お客様が
商品に注意して購買に至るまでの心理プロセスを描いたモデル
です。

どんなプロセスかというと・・・

 ttention(注意) : えっ 何?
   ↓
 nterest (関心) : ふむふむ面白そうだね
   ↓
 esire  (欲求) : これいいな、欲しいな
   ↓
 emory  (記憶) : なんという商品だっけか φ(・ェ・o)~ 
   ↓
 ction  (行動) : お店に行ってゲットだぜ!

って感じです。


通販を例に考えてみます。

more...

自らを見失う経営者

ある程度大きくなるのに、周囲の力を借りることは必須です。

社会的に応援してもらえる意義深いテーマを掲げて
あらゆる場で頑張ってる自分をアピールし、支援を得る・・・

既に社会で成功している先輩経営者たちに教えを請う姿勢を
示して、バックアップしてもらう・・・

こうしたことをある程度の規模まで成功した人達はやってきてます。


対外的に、”エライことをやってるな”、”素晴らしい会社だ”、と
思わせる発言をくりかえす社長はほとんどが”演技”です。

えっ 演技にみえない って?

そりゃそうです・・・簡単に演技と見抜かれるようでは成功しません。


環境に優しいリサイクル・・・
バージン原料を使わずに、使用済み再生原料を使用してプラスチック製品をつくる
のもリサイクルというようです。

その再生にどれだけのエネルギーが消費されているのでしょうか。
再生のためにどれだけの化石資源で出来た燃料が使用されているのでしょうか。
化石資源は有限という説があります。

ゴミからつくった燃料RDF・・・製品であれば在庫していても
不法投棄といわれることはありません。製品倉庫に野積みされているだけです。

これは既によく知られていることです。

地球温暖化についてもCO2が原因という説も疑義が向けられてます。
(もみけされてますが・・・)

ありゃ すみません。 段々と話が違う方に向かって訳が分からないことに
なってます。

一度投稿したけど読み直したら、かなりおかしなことになってました。
ちょっと中途半端ですが、今日はここまでにしておきます。

ごめんなさい。

やはり奪われる?

C国に事業展開している企業の人から話を聞く機会がありました。

昨今の進出動向を聞いて「バカだなぁ・・・」って。

えっ (ノ゜⊿゜)ノ 

あなたの会社は 国内からC国に重点シフト って
対外発表してたんじゃなかったでしたっけ?

なんで?

more...

ぼやき・・・

社内の権力闘争、資本関係のもつれ等・・・そんなことしてたら
あっという間におかしくなってしまいます。

ですので、オーナー家の中小企業の事業承継は血縁者でおさまるのが
スムースではあります。

・・・あくまでそれなりの能力があれば、という前提付きですが・・

この前提条件が相当に怪しい例がいっぱいです。

そのため、優秀な番頭衆をつけて神輿にのってもらうスタイルで
カバーしようとする例もありますが・・・コレがうまくいかないんですよ。

社長と言う肩書もらって勘違いしちゃうんです。
自分の思いつきを実行させようとしちゃうんです。

特に外部の業者に悪魔のささやきに弱く(簡単にいうと”おだて”)、
いつしか社内を信用せず、社外の言いなりになってしまいます。

松下出身でコンサルやってた人なんて
”コンサルなんて右で聞いたことを左に言っときゃいいんだよ”
とウソぶいてましたが、そうした後継社長は貴重な改善アイデアが社内に
埋まっていても気が付きません(聞く耳もってないから無理ですよね)。

ですので、社員にインタビューして聞いたことを自分のアイデアとして
伝えるだけでコンサルが成立してしまうことがあるってことです。

現場主義を本当に実行している経営者なら専門ノウハウを買う以外は
社内にある知恵を活かせるハズなんですけどね・・・

ボヤキというより愚痴ですね。  ではこのあたりで (^_^)/~~

顔が見えるマーケティングなんてもうだいぶ前から・・・

需要<供給でモノ余り時代です。

市場をマスとして捉えることなく、セグメントしてターゲットの具体的な顔が
みえるぐらいのマーケティングが必要と言われてもう10年ぐらいでしょうか。

ガイアの夜明けはそんなテーマで放映するようです。
これを聞いて、顔の見えるマーケティングだよ! といいだす経営者は
耳がロバになってます。
現場の社員はそれにつながる情報は発していたハズです

そんな経営者ならもう引退時とこころえないとすべて失いかねません。
引き際はとても大事です!

山をきわめ急墜したD社、S社に共通する特性

D社、S社

共通の特性・・・こんなところではないでしょうか?
 

more...

山をきわめ急墜したD社、S社に共通する特性

前回はD社についてボヤキました。
今回はS社です。電鉄系の総合企業グループです。

複雑な家系で兄弟の母が違い、兄弟間での確執がありました。

軽井沢・・・有名な避暑地です。ここの別荘開発富のベースを築きました。

昔はただ田舎です。そこには地主がいました。
買い占めたのがその兄弟の父親です。

宴会を開き、酔わせた上で、トランク一杯の札束をみせて、
地主に売買契約書にハンコを押させます。
実は支払いがずっと後です。インフレがデフォルトだった当時なので
支払うときは格安というカラクリだったそうです。

戦後に没落する貴族たちの資産もうまいことせしめてのっとっていったようです。

こうして資産形成していったグループです。
戦後のどさくさにも紛れ、父親は一代限りで巨大企業グループを形成しました。

more...

ザックJapan

ようやく録画しておいた日本vsアルゼンチン戦を観ることができました。

この間、結果をみないようにするのに苦労しました(^^ゞ

新聞のスポーツ欄を避けるだけではダメで、
ニュースもチャンネル代えたり、
ネットを開いてもニュース欄はみないようにし、
さらに周囲がサッカーの話題になりかけるときは耳を塞ぎ・・・

ほんとこれだけ話題になるなんて日本代表もメジャーになりましたね。


さて試合の方ですが...

more...

山をきわめ急墜したD社、S社に共通する特性

D社は流通トップをきわめ、一時は業界の寵児としてもてはやされました。

戦後の物不足の時代・・・
需要 > 供給 で供給側のメーカーが主導権を握ってました。

一流メーカーの製品は価格を守らないと卸してもらえません。
そんな中でメーカーとケンカして価格破壊をくりひろげてきました。

M下電器産業(現・●ナソニック)との確執は有名な話です。

牛肉の価格破壊にも挑んだことも有名です。
閉鎖的でアンタッチャブルな業界ということはよく知られてます。
そんなところへ挑んだのだから誰もがしり込みします。
自分で先頭をきって沖縄で育てた牛を自分で屠殺までして血しぶきをあびた
伝説まで語られてます。

”いいものをどんどん安く”をモットーに価格破壊は庶民に評価され、
日本一の流通企業にのしあがっていきます。

しかし、日本一の巨大なバイイングパワーを手にしたD社は変質していきます。

more...

温泉(^-^)

最近 お休みがとれません。

商売繁盛なのでうれしい悲鳴 ?
いえいえ 気まぐれな誰かの人為的な事故のような要素が半分は入ってます。

ですので、ちょっとストレスです。

今日はバタバタのなか、なんとか久々のお休みをいただき、
ストレス緩和&ガチゴチに固まった頭を柔らかくほぐそうと
温泉に行ってまいりました。

平日のOpen直後ぐらいに行ったので人もさほどおらず、
露天風呂で山並みをながめながらのーんびりとしてきました。

実は男風呂は数名だけだったのですが、こんな平日の午前中にも関わらず
女性はけっこういたそうです。
平日日帰りバスツアーが10年前ぐらいからけっこう企画されてますが、
なるほど 旦那が留守中に・・・と・・・

つぶさにマーケットをみていくとこういう需要もあるんですね。
「遊び(レジャー)」のボヤキのつもりでしたが段々とマーケティング
の方向に向いてしまうところでした。

今日は頭もお休みしますのでこの辺で(^_^)/~~

ジャイアント・キリング

NHKでやってましたが先日、最終回でした。
タツミ監督の率いるEast Tokyo United の今後が楽しみなところでおしまいです。

最終回は焼きそばパーティを開催しました。

選手、コーチ、フロント、サポーターが一体となってひとつのことをやる・・・
これが強いチームの備える条件で、それを体験するがための仕掛けだったそうです。

ひとりひとりの力をある目標に向かって集結させたとき、驚くべき力がうまれます。

ジャイアント・キリングのマンガ探して読んでみようかな・・・

年収が一定値を超えると・・・

どこかのオーナー系小売業のお話です。

たまたま社員の方とお話する機会がありました。

やけに元気がありません。。。いえ、ハッキリ言えば、思いっきり”暗い”!
愚痴モードのオーラをはなって、話をはじめたら堰を切ってとめどもなく
吐き出してきそうです。

話をしなくてはいけなかったので、そのオーラを感じながらも話しかけました。

そうすると
「うちは、年収が●●●以上になると追い出されるんです」
って言われるんです。

どういうことかというと、オーナー社長が年収●●●以上になると
イジメて辞めざるをえない状況に追い込むということだそうです。

過去に年収が●●●以上になった人は辞めていってるそうです。

こわい話です。あながち被害妄想ということでもなさそうでした。

年収が上がるインセンティブを持たせながら安く若い労働力を使い、
コストがあがった年配者を辞めさせる・・・使用者側の論理としては
新陳代謝して常によく働く安い人件費ばかりがいいわけです。

被使用者側はたまったもんじゃありません。
若い人達もよっぽどのバカでもなければ、そうやって辞めさせられた人達を
みていれば、自分もいつかどんな目にあうか、分かるハズです。
普通ならやる気は湧きません。

そんな会社がどうなるか?

more...

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。