観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変った野菜?!

アイスプラントという野菜みたことありますか?

バラフ、プッチーナ、雫菜、クリスタルリーフなど違った名前が
ついていることがありますが、それは商品名のようです。

原産がアフリカでハマミズナ科メセンブリアンテマ属
だそうです。

メタボ対策に関連してTV番組などで紹介された外見から
変った植物です。

茎や葉に透明なつぶつぶがついている多肉植物で
”なにこれ?”と人目をひきます。

そして味も変わっていて塩味です。
水分も多分に含んでいるので夏場の水分補給にポカリスェット
のように体液のバランスもとれていいかも知れません。

普通の植物は塩を嫌いますが、アイスプラントは海水より
ちょっと薄いぐらいの塩分を好み、吸収するとのことです。

佐賀で干拓地の塩害を改善するために塩分を吸収する
アイスプラントの研究がはじまったようです。

そのまま生で食べてもおいしいし、塩味なので
サラダにまぜてもいいかなと思います。
ヨーロッパでは高級食材ということですが、どのような
料理になっているのか興味津津です。

東京のスーパーではすでに出回りはじめているようです。
品薄で供給がおいつかないとのうわさもあります。

実際はどうなんでしょうね?

ネットでアイスプラントの種を調べるとほとんどが「売り切れ」です。

ググってみると15万件でてきます。

メタボ対策の話題となっていた成分が2種類ぐらいあるようです。

more...

スポンサーサイト

エネキュート?

ココでガス業界がオール電化「エコキュート」対抗策としてだす「エネキュート」
のことをボヤきました。

3/22の日経で
「東京ガス、来年に新システム 太陽光・都市ガス組み合わせ発電」
の記事がでておりましたが、これがエネキュートなのかな?

ここに政府の太陽光発電の買い取り価格がでてました。
2010年から1KW当たり50円(現在の2倍)にするそうです。
売電すると少しは回収が早くなるのかなぁ・・・

オール電化のケースですが、損益分岐点の試算があったので
そちらを参照ください。
設備費用を置き換えれば近似的にみることができるかと思います。

太陽光発電

グリーンニューディール環境分野環境バブルを仕掛けるならば・・・と環境分野での話題をボヤいてきました。

10日ほど前の日経をみると経産省が太陽光発電産業の競争力強化に
向けてまとめた総合対策を記事にしてました。

日本政府は太陽光発電を将来の日本の成長エンジンと位置づけるそうです。

中身は具体的にどんなことなのでしょうか?

more...

前世代の経営者 と これからの経営者

もう大分前から右肩上がりの拡大再生産の時代は
おわったといわれてます。

やみくもに猛烈社員で働けば会社の業績が伸びる時代は終焉しています。

ある大手金融機関の伝統は

「上司の役目は部下の持ってきた書類を少なくとも3回は突き返して
 つくりなおさせること。そうすることで良い提案になり、部下も育つ。」

と教えられていたそうです。

やる方向にさほど議論がいらず、既定路線を突っ走ればよい時代なら
これでも良かったことかと思います。
現にその金融機関は人財バンクと呼ばれていたぐらいです。

既定路線を突っ走る時代の経営者なら極論ですがガムシャラ社員を
つくるようプレッシャーをかけつづける経営で済んでしまいます。

ところが今や道しるべはありません。

人口増でマーケットが自然に広がって何をうっても懸命にやりさえ
すればヒット確率が高いという時代でもありません。
モノは溢れ、情報も溢れる世の中で、ちょっとした違いが差別化に
なってきます。

more...

環境バブルを仕掛けるならば・・・

グリーンニューディールのボヤキでは1世帯当たりの予算で
費用対効果がどうなのかという概算をしてみました。

客観的に考えると割に合わない・・・こういうところにバブルを起こします。

サブプライムだって返済リスクのある人たちへの貸付なんですから
客観的に考えると危ない債権です。
こんなものを担保にした証券なんて価値がなく、よほどの金利でも
ついてない限り、割に合いません。

でも投資マネーが投下され、ソロスのいう再帰性が機能し、バブルが起きました。

環境分野のボヤキで何かとにぎわしい分野であることも
ボヤきました。

そのにぎわしいネタをつなぐと次のバブルの仕掛けがみえてきませんか?

more...

新造人間 キャシャーン

あのナレーターを突然思い出したので
忘れないうちにメモしときます。

more...

休耕地

日本の農地面積は463万haだそうです。
ピーク時に比べて4分の1ほど減少したそうです。

某大手流通業のように安い農地を買い上げて宅地転用する
ことも農地減少に拍車をかけてます。
ウワモノの商売はあまり儲かってないようですが土地の価値は
高まってます。
なんとなく西武やそごうに相通じるところがるような・・・

余談はさておき、
その463万haには地目は農地でも荒れ地になっている
耕作放棄地が含まれるそうです。

どのぐらいあるかというと...

more...

環境分野

なにかとにぎわしい分野になってきました。
オバマ大統領の「グリーンニューディール」政策は昨日ボヤきました。

1月には国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が設立されました。
排出権取引ではありませんが再生可能エネルギーをネタにまた
新たなバーチャルの金の成る木をつくろうと企んでいるのでしょうか。

日本でも「グリーン電力証書」や「グリーンパワー」マークなどが
はじまってます。
先日のG20ではアジアなど途上国向きに環境インフラ支援で4,900億円
の融資制度を創設することを表明したようです。

政府の成長戦略原案には、次世代電力網「スマートグリッド」の普及に向け
実証実験をはじめることが含まれているようです。

原案は次の3つの柱で構成されているそうです。

 「太陽光発電・省エネ世界一獲得プラン」
   ・公共施設、工場、住宅、オフィスに太陽光発電や省エネ機器を集中導入
   ・家庭などで太陽光発電した電力の買い取り
   ・スマートグリットの実証実験の開始

 「エコカー最速普及・低炭素物流革命」
   ・電機自動車など次世代車の普及促進
   ・公用車に率先して導入
   ・急速充電器の整備
   ・蓄電池、給電設備の国際標準化

 「資源大国実現プラン」
   ・小型家電、廃プラのリサイクルの仕組みの構築
   ・臨海部で排水の再利用、淡水化など高効率の水循環システムづくり

どのぐらい予算投下されるかは書いてありませんでした。

ちなみに水は世界トータルでみて需給逼迫が危惧される資源です。
2025年には100兆円市場と予測されてます。

これをみるとけっこう広い分野ですがどこがビジネスになりそうか
見極めどころですね。

グリーンニューディール

オバマ米大統領の2年間で8000億ドル(約72兆円)規模の景気浮揚対策の中で
注目されている政策のひとつです。

風力発電、太陽光発電、バイオ燃料など石油に代わる再生可能エネルギーの生産
を3年で倍増し、住宅200万世帯を省エネ化するといった目標を盛り込んだそうです、

選挙戦における公約では、再生可能エネルギーの開発・導入に
10年間で1500億ドル(約13.5兆円)を投じ、500万人の雇用を生み出すという
目標を掲げてきたそうです。

ある雑誌によると
世界が排出する炭酸ガスの4分の1は米国であり、その背景として
火力発電所が石油でなく石炭に依存していることがあるそうです。
米国のエネルギー消費の24.3%が石炭だそうです。

ただ太陽光発電、風力発電、バイオ燃料といった再生可能エネルギーに
ついて短期的には実現に疑問視される見方もあるようです。

太陽光発電の補助ってのは日本でもありますが、
設備投資に2ー300万円かかるのにせいぜい2-30万円の補助しか
でません。

200万円で補助金20万円もらったとして180万円です。

毎月の電気代が2万円かかっている家庭が太陽光発電ですべて補えた
として年間24万円の節約になるので180万円回収するのに7年半
かかります。電気代が1万円ならその倍の15年かかります。

太陽光発電の設備の寿命がどのぐらいか知りませんが、
たくさん電気を使っている家庭でもない限り厳しいのではないでしょうか。

補助金をつけるならけっこう多額にしないと難しいかなと思います。
10年間で投入するとしている13.5兆円を米国の世帯数を1億として除すと
1世帯当たり135,000円です。ちょっと非現実的ではないでしょうか。

そして太陽光パネルは環境にやさしいかというとそうではないという
見方もされます。その理由は太陽光パネルの生産に多大なエネルギー
を使い、トータルでみるとクエスチョンマークがつくということだそうです。

こうなると技術革新が鍵を握るかと思います。
安くて、変換効率の良いパネルをつくれるように研究開発の
分野に資金投入していくことになるのかも知れません。
この場合はあまり雇用対策にはならないでしょうね...

風力発電もおそらく安定供給と費用対効果の問題がありそうです。

バイオ燃料はどうなのでしょうか。
ブッシュ政権でバイオエタノールのバブルがありましたが、すっかり
鎮静化しているようです。まさか再バブルさせる意図?

今日はこの辺で     ( -ω-)y─┛~~~~~

霞が関の埋蔵金?

ココによると霞が関には埋蔵金が96兆円あるそうです。

埋蔵金といっても霞が関に埋まっているわけではなく
国の基本的経費と分けて管理される特別会計枠を使ってムダ使い
あるいは積み立てて休眠している金額のことのようです。

ある雑誌の記事では
06年度の特別会計の数は31で、その剰余金の合計が51兆円だそうです。
剰余金は文字通り余った金額のことで、歳入(収入)-歳出(支出)です。

その雑誌記事では剰余金から国民に給付される年金資金、労働保険資金を
差し引き、安全をみてその残りの9割を埋蔵金として試算してますが、
その金額は42兆円だそうです。

さらにこの42兆円を精査すると10兆円ほどの使い残しがあるそうです。
剰余金から翌年度へ繰り越される額に10兆円ほどの差異があるとのことですが
その差である10兆円がどこに行ったのかは記述はみあたりませんでした。

これとは別に積立金にも埋蔵金があるとされています。
積立金が08年3月期で195兆円あるそうですが、ここから年金資金と労働保険資金
を除くと約50兆円あるそうです。
この50兆円の大半が財政投融資資金特会と外国為替資金特会の積立金で
どちらも取り崩す事態になったことがないようです。

いやはやすごい金額ですね。
雑誌記事ではフローで42兆円、ストックで50兆円でしたが
冒頭の記事では96兆円とされています。

その内訳は
 特別会計の余剰金は68兆円
 独立行政法人の余剰金は16兆7000億円
 独立行政法人の関連会社と公益法人の余剰金は11兆1000億円
となってます。

雑誌記事の方は特別会計のフロー(剰余金)とストック(積立金)
に焦点をあててますので、独立行政法人の方が考慮されてません。
特別会計のフローだけ比較しても数字が異なるので試算根拠に違い
があるのでしょう。

しかし独立行政法人って隠れ蓑ですね。
小泉・竹中時代に公務員削減というアドバルーンをあげながら
独立行政法人って名前を変えただけという羊頭狗肉の政策で
欺いてきたということでしょうか。

民間でもそういう策はとられることがあります。

リストラで人員削減をきつく言われてたときに、管理のゆるい費目を
つかって外注したり、契約社員という別区分で採用したりする光景
は目の当たりした方もいるかと思います。

雇用の受け皿となる会社をつくって社員を転籍させ、
そこから派遣する なんたらリース? とかいうから方式もありました。

同じ仕事、同じ給与で転籍するのでなんでだろう?と思ったことが
あるのですが、これには理由があって賞与の削減をするということ
がありました。

そして繁閑に応じて他のところでも働くことで人員効率をあげる
ような名目になってますので、本人が嫌がるところに勤務させて
自主退職においこむリスクもはらんでます。

ちょっと話がそれましたが、この辺で。。。  ( -ω-)y─┛~~~~~

蒸留酒と醸造酒

昨日は焼酎の種類についてボヤきました。

その流れを引きついで蒸留酒醸造酒についてボヤきます。

まずはいきなりの問題です

日本酒 と 米焼酎
ワイン  と ブランデー

では、
 ビール と対応するのは 何 でしょうか?

 上記2つの対応関係と同じになるものを
 入れてください。

more...

焼酎の種類

焼酎ブームは下火になったものの定着したような気がします。

おおむかしの焼酎はもっぱら”安酒”というイメージでしたが
いまや魔王、森の伊蔵、百年の孤独など高級酒も珍しくありません。

一方で大五郎のような”目方で勝負”といった安いものも顕在です。

実は焼酎には種類があります。

more...

Jリーグの査定システム(3)

その1その2とJリーグの査定システムについてボヤいてきました。

今日はその3回目です。

more...

Jリーグの査定システム(2)

Jリーグが7日に開幕しました。
いよいよ春ですね。

そういえば最近サッカーのボヤきをしてなかったような・・・

調べてみると1か月ぐらいボヤいてませんでした。

それもJリーグの査定システム(1)として番号まで付けてたのに続きを忘れてました。

その前も08.11.26にみられるように調べてみるとボヤき半ばのものが多々あります。
リクエストでもあれば書こうかなと思ってたボヤキテーマでしたが、
無いことを言い訳に放置してます。  (^^ゞ

どれもこれもは無理なので千里の道も一歩から...
とりあえず Jリーグの査定システム(1) の続きをボヤキます。

more...

スペースワールド

知らない間にスペースワールドは民事再生になってたんですね。
2005年だったそうで...まったく知りませんでした。

出来た当初は”宇宙の勉強”という教育色がつよく、遊園地としての
娯楽性に欠けていたためオープン効果がなくなった後は低迷しました。

そこで娯楽性強化に走り、思いっきりライドパークの路線に走りました。

関西の方はスリルライドが好きという特性があったようです。
スペースワールドは北九州なので商圏人口がどんな特性かは分かりません。

近年、スリルライド系の遊園地は閉鎖が相次いでます。

宙づりコースターオロチの姫路セントラルパーク
ポートピアランド、ドリームランド、万博記念公園...

閉鎖までいかなくとも長島スパーランド(木製コースター)、としま園(30年前
にはスリルライドの先進事例)、伊勢志摩スペイン村(ピレネー)が
不振です。

フジヤマ、ドドンパの富士急ランドはどんな具合か分かりません。

more...

中国は...

中国の株式市場1月は世界では珍しく回復していたそうです。

「家電下郷」政策があたりつつあり、ハイアールなど中国内のメーカーには
特需となっているそうで、農村部の家電ブームはさらにこれからだそうです。

自動車の購入税免除で5%安くなったことから自動車も売れているそうです。

さらに「家電下郷」のみならず「汽車下郷」という政策が09年に予定
されているそうです。

中国政府の財政出動はいまのところあたっているということなんでしょうね。

more...

エネキュート?

エコキュートの間違いではありません。

ガス業界の反撃の一手のようです。

エコキュートはオール電化の代名詞みたいなものです。
ガスを一番使うのがお風呂の湯沸かし。
それを深夜の安い電気代で沸かし、蓄えて生活時間帯に使う。
そのことで光熱費を安くするシステムです。

ヒートポンプ方式を採用することでさらに安くしてます。

初期投資が高いので都市ガスで安い地域は買い替え期間までに
回収できるかかなり微妙かも知れません。

地方で高いプロパンガスをつかっているところならおそらく
エコキュートがお得になるかと思います。
なお実際に安くなるかは諸条件によって違うので、エコキュートの
業者に確認してください。

さて、タイトルに掲載したエネキューブってどういったものなんでしょうか?

more...

地方銀行の特需

地方銀行の冬の時代のようなボヤキを書いてましたが
資産時価評価、金融マニュアルの緩和といったものもあり
国内基準ならではの救済はあったようです。
そしてこの前の年末年始ぐらいでは特需があったようです。

メガバンクが資金繰りに窮して貸せなかったようで、
地方銀行にその資金需要がいったそうで、けっこうな大手に融資が
できたそうです。

N、Mといった自動車関連、Sのような総合電機関係など
やばかったという話もあるようで。真偽のほどはさだかではありません。

今日はショートで。。。

コンサルティングの悪魔

コンサルティングの悪魔って本があるかと思います。

コンサルタントは経営の相談相手というのが本来の姿です。

ですが実体は詐欺師ともいえるような姿が描かれてます。
たしかに外部のコンサルタントにたよりがちな会社はどんどん悪くなる
方が多いような気がします。

専門コンサルから情報を買うのはいいかも知れませんが、
一番身近にいる社員の存在を忘れてはいけません。

灯台もと暗し って諺もありますしね。

リックジョンソン

むかし、スーパークロスでめっちゃ強いライダーがいました。
ライバルのジェフワードに先行され、ものすごい追い上げをして
終盤にぶちぬくスターでした。

手首をなんどかこわしてスーパークロスは引退してしまって
残念でした。

スーパークロスについてはココ

彼の名前はリックジョンソン。

コーナーリングでクラッチを切るテクも彼です。

通常はジャイロ効果で動力を伝えます。動力がなくなれば2輪は倒れます。

リックジョンソンは急カーブで敢えてクラッチを切ることで動力の伝達を
切って車体を倒します。

倒れるまでにアクセルをふかしつつ、クラッチをつなぎます。

姿勢とトラクションコントロールによりますが、リアをすべらしつつ
急速に方向転換を早くできます。
一歩間違うとハイサイドでふっとんだりますけど・・・

そういえばサーキットの狼ってマンガ知ってる人いますか?
ロータスヨーロッパで慣性ドリフトを駆使したフブキユウヤが主人公だったかと思います。
慣性ドリフトもちょっとだけ似通っているのでふと思い出しました。

欠点をありのままに受け止め、思い切って長所を伸ばす

成功事例、先進事例がマスコミ、雑誌等で話題になると

 うちもマネしないといけないよね
 あれをやらないからウチはだめなんだ
 
って職場の話題になっていることはありませんか。

昨日のボヤキにもあったように経営資源は各社によって
違います。

自分の会社にないものを数えていてもキリがありません。
実体のないカゲをおいかけるようなものです。

ましてや競争にも勝てやしません。

M&Aでないものを買ってくればいいという思想も
間違いだと思います。

M&Aでうまくいったケースは自律性を認めた連邦経営
ぐらいです。
それであれば独立企業体のまま提携したのと変わりありません。
M&A事例のほとんどが外向きの体裁がよい発表とは別に、実態はうまくいってません。

自社の経営資源を生かすことにしくはありません。
特に中小企業には大事な視点です。
得意な土俵をよく認識して勝負をしましょう。


課題形成マニュアル

課題は問題点の裏返しではありません。
目標と現状のギャップを埋めるための方策です。

スタッフが課題形成するには次の3つの要件を
満たすことが不可欠です。

more...

円ドル相場

90円台を割りそうだった円が急に安くなりまた90円後半にまで
戻ってしまいました。

米国など海外機関投資家が資金に行き詰まり
今年の投資対象であった日本で換金売りをしているため
だとのウワサもあるようです。

その一方で、はたして米国は危機が去ったのでしょうか。

more...

Jリーグ開幕!

ようやくJリーグ開幕です。

最近は仕事が忙しく、録画でしか観戦できないのが残念・・・

昨年に現場にストイコビッチ監督、フロントに久米GMと実力者を登用して
万年中位クラスを脱して躍進した名古屋戦を録画しました。

相手はあの運営予算しかないのにナビスコを制覇した
シャムスカマジックさえわたる大分です。

1日経過してるので大丈夫かとは思いますが、この先結果が書いて
ありますので、ご注意くださいませ。

more...

今はなきパスネット・・・

PASMOやスイカは知っているでしょうが、
パスネットってご存知でしょうか?

パスモ導入まで活躍していた首都圏の鉄道やバスで共通に使える
プリペードのことです。
今は販売もされてませんし、使用もできないのではないでしょうか。

各社共通で使えるプリペードカードで、ICカードのPASMOと違って
磁気ストライプであったほか、共同で設立した会社がなかったので
カード発行した会社にお金が入って(預かり)、カード使用された会社に
分配されます。

これがけっこう複雑な仕組みでした。。。

度数の高いカードほど割引が高かったのは魅力だったかな。
なんか唐突に思い出してボヤいてしまいました。ははは

イータリー

スーパーとレストランが一体化した新しいフォーマットのようです。

情報募集です。

場所は代官山。
紹介サイトはココです。

マグロの解凍

ひと口にマグロといいますが、

 クロマグロ
 ミナミマグロ
 メバチマグロ
 ビンチョウマグロ
 キハダマグロ
 カジキマグロ

といったいくつかの種類があります。

以前はツナ缶の材料に過ぎなかったビンチョウやキハダが
スーパーで刺身としてでるようになって久しいこの頃。。。

脂身はうまくないといって赤身が重宝された数十年前から
うって変って脂がさしたトロ(以前は捨てられてました)が
高級品です。

そんなこともあるでしょう。

魚種はいろいろあれどもほとんどのマグロは冷凍状態で
流通してスーパーのバックヤードで解凍されて冷ケースに
並びます。

本当のところは凍結したままのものの方が鮮度がよいのに
凍結した状態の見た目がカツオブシか木片のようでおいしく
みえないので消費者が買ってくれないそうです。

今日は凍結したものを買った時に、おいしい解凍の仕方を
紹介します。

more...

自社の主要変数をマネジメントシステムに組み込む(5)

趣旨はその1、イメージをつかむための例示でその2(通販)その3(SS)を展開してきました。

今回はその4の続きです。

more...

今日はひなまつりですね

今日はひな祭りです。

チラシ寿司を食べるイメージがあるのですがなぜでしょうか?

スーパー関係の教科書をみてもひな祭りのMDアイテムとして
チラシ寿司がのってます。

ググってみると同じように疑問をもった人がいるようです。

more...

自社の主要変数をマネジメントシステムに組み込む(4)

趣旨はその1、イメージをつかむための例示でその2(通販)その3(SS)を展開してきました。

今回は例示をつづけて物流業界を例にします。

なお物流の収支構造は物流は固定費の塊 ~自社の経営資源みなおしませんか?をご覧ください。

そちらをみていただいた前提でボヤキをつづけます。

more...

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。