観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適正な投資規模

このタイトルで書いた原稿がアップしたところで消えてしまいました

気を取り直して簡単に書きます。

化学産業に代表される装置産業は投資規模を決めるのが難しく、
これをディズニーランド、ハウステンボス、ユニバーサルなどに
代表される遊園地を例にボヤいたものでした。



more...

スポンサーサイト

J-SOX(内部統制)って何をするの?

1/25でボヤキましたが、J-SOX(内部統制)は
いよいよ本番を迎えます。

準備作業が膨大なのにガイドライン、実施基準の発表が遅かったので
なにかと大変でした。

ガイドライン、実施基準が分かりにくかったのでJ-SOX関連でたくさんの
書籍が氾濫しました。
どこかのブログをみたら「J-SOXって結局なにをしたらいいの?」が
簡単にわかるものがなかなか無いって書かれてました。

たしかに書籍を分厚くするには米国での内部統制発祥の経緯から
解きほぐし、趣旨や目的を書き連ねた方が増量になります。

今更ながらですが、J-SOX(内部統制)って何をしたらいいのか?
をざっくり簡単にまとめてみます。

more...

クラブ経営  ~親企業の支援

Jリーグのクラブは親企業からの支援のウェイトが大きいところが多いです。

支援はいろんな形で行われます。

出資、ユニフォーム等への広告費、ネーミングライツの購入、
スタッフの格安出向、グランドやスタジアムの提供、法人向けの
特別シート購入・・・

ゆえにJリーグが公開するクラブ収支をみても親企業にどれだけ
依存しているのか、実質的に自立できているのかが分かりません。

たとえばユニフォームのスポンサー料ってどのぐらいなんでしょうか?

more...

日本代表戦

なんとか勝利です。

遅ればせながらのイエメン戦のことです。とりあえず( ^-^)/:★*☆オメデト♪

メンバーがいつもと違っているのを差し引くにしても
内容は押していただけにスコアは物足りなかったです。

そんな中、岡崎選手が代表初ゴールを決めてくれました。
サムライを目指すという?選手だけに中山ゴン選手を彷彿させるものが
感じられます。

いいムードメーカーに成長してくれるといいですね・・・

今日の試合はどうなったやら・・・

しばしサッカーのボヤキがなかったですね~

HOPSCAの法則(複合商業施設の方程式)

複合商業施設ってご存知でしょうか?

古くは船橋のららぽーと、神戸ハーバーランド、恵比寿ガーデンプレイス、
博多キャナルシティ、高島屋タイムスクェア、クィーンズスクエア、JR京都駅ビル

などがあります。

昨今では量販資本が巨大なショッピングモールをたちあげてます。

施設構成では

ショッピングだけでなくオフィス、宿泊、住居、アミューズメント施設 など

複合しています。これが複合商業施設といわれる所以です。

こうした複合商業施設は米国がモデルで、米国でその開発にあたって
原則ともいうべきHOPSCAの法則というのをつくったようです。

何の略称なのでしょうか?

more...

5Sとは

5Sとは次の5つのことの頭文字をとってそう呼ばれてます。

  整理、整頓、清掃、清潔、躾

製造業にとっては基本中の基本です。
5Sは改善の技術で、問題点を意識させ、目で見る管理を徹底します。

おのおのどんな意味なんでしょうか?

more...

監査コストに悩む企業へ ~ 「IAC」のおすすめ

そろそろJ-SOXの監査本番がそぞろはじまるころでしょうか?

官僚のパラノイア的な逆恨み攻撃ともいえるJ-SOX

J-SOXは日本企業の競争力の源泉を奪っています。

従来のよき風土をDNAとして持つ企業には不要であり、
あしき風土を持つ企業にとっては抜け道を探すだけのものです。

ほんとロクでもない制度を米国から真似たものです。
儲かったのは監査法人とコンサル会社です。監査法人の陰謀?
(監査法人の社員は疲弊したでしょうが、経営権者たちは別です)


内部監査のために専用の部署をつくり、コストだけかかって困っている企業
は多々あるかと思います。

内部監査はJ-SOXだけではありません。
ISO、有機認証などさまざまな認証制度でもつきものです。

そんなときにGEの経営手法とされる「IAC」はいかがでしょうか?

more...

日本の少子高齢化

国立社会保障・人口問題研究所の「将来推計人口」では

         2005年      2055年(50年後)

 人口    1億2777万人 → 8933万人(70%)

 65才以上   21.5%  →   40.5%

となってます。

●内需は単純に数量だけみても7割に減ることを示唆します。

●購買行動がさかんではないF3層、M3層が倍になります。
 数量以上に内需落ち込みが懸念されます。

少子化対策メニューは出てないわけではありませんが、
もっとも鍵を握る変数である「出生率」の改善はあまり進んでません。

バラマキ補助や保育施設の充実なんかもあるやも知れませんが、
ストレス社会になってしまってることも影響が少なくないのでは
ないでしょうか。

 

more...

作物の成長に必要な肥料

水耕栽培に興味をもったのでちょっとかじってみます。

ほとんど趣味の世界になってしまうので
園芸に興味のない方にはこの先は面白くないであろう
ことを先に断らせていただきます。<(_ _)>

more...

食の安全・・・農薬の危険性って?

農薬とはWikipediaによると

「農業の効率化、あるいは農作物の保存に使用される薬剤の総称」

だそうです。代表的なものは「殺菌剤」、「殺虫剤」、「除草剤」です。

さらには、

「虫害や病気の予防や対策、除虫や除草の簡素化、農作物の安定供給・長期保存を
 目的として、近代化された農業では大量に使用されている。一方、ヒトに対して毒性を
 示す農薬も多く知られており、使用できる物質は法律で制限されている。」


と書かれております。

使い過ぎは残留して体内に摂取したときに危険です。
ちゃんと規制があって、新聞等で良く聞くポジティブリストというのがあります。

ただ、輸入時は検閲でチェックされるとしたとして、
国内産はどうしてるのでしょうか?・・・わかりません ヽ( ̄ー ̄ )ノ

ちょっと脇道にそれましたが、農薬は危険性はありますが、
今の手頃な価格で供給してもらうには不可欠なものです。
(使用量をはじめとして使用方法を間違えないことが大事)

農薬の危険性がクローズアップされてますが、天然の毒物摂取
についてこんな恐いデータもあるそうです。

more...

食肉業界のアレコレ・・・差額関税制度

いわゆるセーフティネットってやつです。

国産を守るために、

 ・国内の価格を基に基準価格を設定

 ・輸入品が基準価格より安ければその分を関税として課税する

といった制度です。

つまりは、海外で安い豚肉探しても、関税でとられちゃうだけなんで
努力するだけ損ということです。

豚肉もこの制度が適用されてます。
この制度をつかった裏取引制度があるそうです。

more...

バフェット氏の購入銘柄

ちょっと前の日経ビジネスに世界有数のお金持ちである

バフェット氏の2008年の主な企業投資先

が掲載されてました。

ココで次の景気延命策として仕掛けるバブルネタに”環境”を
紹介しましたが、他の雑誌でこの”環境”に注目する理由として
バフェット氏の購入をあげてました。

投資運用する人にとっては興味のあるところです。

さてどんなところに投資しているのでしょうか?

more...

日本の農業は・・・ 続6

今週は「日本の農業」シリーズになってしまいました。

昨日のボヤキで残したのは大量生産すると値崩れを起こす問題をどうするか
というところです。

more...

日本の農業は・・・ 続5

昨日露地栽培で儲かるビジネスにするためのボヤキでした。

大規模化、機械化がカギになるのはみえていた話かと思います。

 それで不況に悩む地方土建業の農業参入が話題にもなりました。

 土建業は重機の扱いには慣れてますからね。

 でもデリケートさが違うので実際にはそんなに簡単にはいかないと
 思いますけど・・・

そして大規模農業化した場合でも
コントロールできない自然、大量生産すると崩れる相場という
問題があるとボヤキました。

もうそろそろ見えてきたかと思います。

more...

日本の農業は・・・ 続4

昨日は「日本の農業が儲かってない」という現状をボヤきました。

これは現状の露地栽培(いわゆる土での栽培)の説明であって

昨日のボヤキであげた儲からない構造要因をクリアすれば将来は変わってくることになります。

more...

日本の農業は・・・ 続3

昨日は「農地法」で守られて新規参入がしづらい産業であることをボヤきました。

農地法で守っているところをみるとおいしい商売ってことかなと思われることでしょう。

補助金に依存する既得権者を別にすれば実際のところはどうなんでしょうか?

農業は儲かる商売なのでしょうか?

more...

日本の農業は・・・ 続2

日本の農業は「農地法」によって守られています。

簡単にざっくりと言うと

”農家”で無ければ農地の取得や賃貸ができない

という法律です。

では、”農家”になるにはどうしたらいいのでしょうか?

more...

日本の農業は・・・ 続

日本の農業が景気浮揚につながるかということで
昨日はフジサンケイの記事を紹介しました。

農水省/世界の食料自給率をみてもらえば分かりますが

日本の食料自給率は40%を切っていて先進国では最下位

ということはよく知られています。

食料危機問題については
10/1210/1110/10にボヤたように将来大きな問題に
なる可能性が高く、農業分野は注目を浴びるようになっている背景
となっています。

農地を法人でも借りれるようにしようとか、それらに関する特区など
近年はそういった記事や報道も出ていたりして、関心を持っている人も
いるかと思います。

こうやってマクロ的な話から興味・関心を持たれる農業ですが、
まだ大規模法人ができたわけでもなく、あまり中身を知られてないかと思います。

とりあえず分かる範囲で整理してみたいものです。

次回以降、トライしてみますね。(^-^)

日本の農業は景気浮揚につながるか?

農林水産省が食料自給率向上を大義名分に予算獲得を狙ってましたが、
このご時世になり経済産業省ともタッグを組んでこんな補助金制度をはじめる
そうです。

野菜“生産工場”普及へ種まき 経産、農水省が補助金創設

これも次の景気浮揚ネタになるかも知れませんね。

記事ネタは↓

more...

ソロスは警告する ~年末年始で読みました 続5

昨日の続きです。

バブル崩壊のExit(というよりモラトリアムか)として
次のバブルを仕掛けるとしたら、どんなものがあるのかを
ボヤいてみます。

more...

ソロスは警告する ~年末年始で読みました 続4

1/81/91/10とつづけて「ソロスは警告する」の読後感想をボヤいてます。

氏はその著書で述べているのは以下の3点です。

 ●伝統的な経済学のベースとなっている「均衡論」に異を唱え、「再帰性」を主張

 ●「再帰性」の説明として昨今のバブル現象を解説(加熱と破裂)
   ・1960年代のコングロマリットブーム
   ・1960年代後半の米国のREITバブル
   ・1980年代の途上国債務
   ・サブプライムに端をなす不動産バブル
   ・スーパーバブル(現在崩壊中の合成された超バブル)

 ●不動産バブル、スーパーバブル崩壊後の予想

「再帰性」については1/81/9で書いてますが、自分なりに再整理してみると、

 ◇伝統的な「均衡論」は需要と供給を対象にしているのに対し、
  実需に関係なく利殖を行う投機の存在を考慮していること
  

   -需要に関係なく相場のアップダウンでキャピタルゲインの
    獲得を狙うので、とことん加熱し切るまで神の見えざる手に
    よる均衡には向かわない


 ◇均衡点から大きく乖離して膨張し、膨張以上の早さで破裂する
  (詳しいバブル形成~破裂過程は著書の中に書かれてますので
   ここでは割愛します)

 ◇典型例であるバブルは以下の条件が揃うこと
  (この条件をみるとバブルは政策的に仕掛けられたものと間接的に
   言ってるような印象を受けます)

  -信用創造 または レバレッジ(低利の借入金)といった
   ふくらし粉があること

  -投資家がのっかれるだけのもっともらしいウソ
   (何らかの誤謬または誤認と表現されてました)

  
といったところでしょうか。


著書の中ではソロス氏が違う言葉で説明してますが、まわりくどく
繰り返し表現が多かったので、この再整理はかなり大雑把に
できるだけ分かりやすいストレートな表現で整理したものです。

ですので、誤解等あるやも知れませんがご容赦くださいませ。


さて 残る部分は「現在のバブル崩壊後について」です。

これについては1/10でボヤいてますが、雑誌記事の情報もあったのでこれを加味しながら
ボヤきなおしてみます。

more...

ソロスは警告する ~年末年始で読みました(^-^) 続2

またまた続きです。

相場をつくる次の「何らかの誤解もしくは誤認」は何でしょうか。

もっともらしいところでは貨幣価値が喪失される懸念があるときの
コモディティです。

ソロス氏もこのことに言及してますが、穀物相場はいまや上昇以前
の水準に落ちており、バイオエタノールの大手が倒産するような
事態に陥ってます。書籍をかいた時点はどうも2007年後半らしい
ので2008年前半の高騰をいいあてていたという解釈もなりたたない
わけではありませんが...
もっとも穀物相場の長期での基調は変わってないので、こんごどうなる
か分かりません。この件はまた別のときにでも...

コモディティで特にこういう時期にクローズアップされるのは金です。


あとは環境でしょうか?
排出権というビックリ市場をつくっちゃいました。


氏の著書では新興国が支える件が書かれてました。
この件については昨年のボヤキでいくつか言及しているとおりです。
12/412/5

うーん Exitはこの書籍をみてもみつかったようでもあり、
みtるからなかったようでもあります。

いったん ここで一区切りです。。。と思いましたが、
雑誌をみたら関連記事がありましたので次回も続きます。

ソロスは警告する ~年末年始で読みました(^-^) 続

昨日の続きです。

実はこの記事すでに書いたのに不測の事態で消えてしまいました。
((+_+))

気を取り直して書き直します。

ソロス氏の「再帰性」は対局するものとして「均衡論」をうちだしてます。
「再帰性」を理解するには「均衡論」との違いを理解することかと思います。


仮に相場が需要以上に上昇していたとします。

 「再帰性」では上昇した相場にさらに投資家が参入し、加熱(ヒートアップ)

 「均衡論」では需要を超えてるので相場は落ち着きます

といったところでしょうか。

ですが、「再帰性」でも行き過ぎたところで崩壊がはじまるとしているので
どこかで「均衡論」がベースにあるような印象です。
...だとすればタイムスパンの違いなのでしょうか。

そうしたことではなく、
需要以上に相場が上がるのは、投機(実需でなく利殖目的)が
上がった相場に期待して参入するからです。
この投機マネーの存在を考慮するか否かが両者の違い
のようです。

それを裏付けるかのように「再帰性」の説明で
  バブル発生の条件
について氏が触れている部分があります。

more...

ソロスは警告する ~年末年始で読みました(^-^)

昨年の12/29に「ソロスは警告する」を購入したことを書きました。

年末、年始を利用してざざざっと読むことができました。

現在の金融危機をテーマにしているのではありますが、
伝統的な経済学の均衡理論に対して氏が主唱する
「再帰性」という原理の説明にかなりのボリュームが割かれています。

元々この書籍を購入したのは現在の危機についての認識の確認と
今後を占う上でのヒントが欲しかったといったところです。

「再帰性」自体は難解です。翻訳のせいもあるかと思います。

そうした中でバブルが生じる条件が簡潔にまとめてありました。

難解な部分は個人的に思い切って平たく、簡潔にまとめていることろは
そのままに知っている事例で検証しつつ、復習してみます。

more...

集え ネットワークに!

会社の中で生かされてない方いませんか?

トップの無能がゆえに持てる力を余している人いるハズです。
自分の力に気づいてますか?

その会社にずっと勤めているがゆえに
騙されてませんか?気がついてないのではないですか?

そんな不幸な人たちが多く存在すること...ほんとイヤなことです。
この人たちは未知の経験を考える余裕がないだけです。

会社設立なんて簡単な手続きです。
いろんな管理諸制度...こいつも形式的なものであれば簡単です。

ネットワークを作って自分の持つ知識も存分に出して
良い会社をいっぱいつくりたいです。

ネットワークに集う方、コメントください。待ってます\(*⌒0⌒)b

more...

地域おこしって?

これからバラマキがあって地域おこしもそぞろ話題になることでしょう・・・
でも地域おこしってなんでしょうかね?

コロッケなんかで地元が活性化するのでしょうか?
やまカツテレビでやった餃子の街ってのもマスコミの力...

地域おこしのキーワードはマスコミ対策なんでしょうかね?

F市の例もあるように食べ物が地域おこしのネタになってるようです。

でも、中には無理やりってのがあるようです。

例えば名古屋の天むすって伝統的な名物かと思ったら地元出身者に
聞くとそんなことはないそうで、知らなかったと言われました。

正直な商売を大原則にして胸をはって商品を売れるように経営を
したいものです。

チーム補強

Jリーグでは11月末までに各選手に示達があります。

示達では次年度の契約更改金額(クラブ側の提示)が記されてます。

示達での0円提示が事実上の解雇通知です。
移籍リストに登録されて他球団との交渉が可能になります。

そうでない選手は12月末までは所属クラブとの専属交渉期間に
なりますが、そうはいっても水面下で交渉され、移籍も次々と
発表されます。

more...

今日は日曜日

”明日から仕事開始!”と思うと楽しくないので

”今日は日曜日!”と思って過ごします。

ほんとは”明日から仕事開始!”と うきうきわくわく するように
しないと人生の大半を無駄に過ごすことになってしまいます。

環境を楽しく変えることをテーマに取り組んでいきます。

そしてブログでのボヤキも続けていきます。

明日は・・・

明日は金融機関の営業開始日

ここで決済不能が判明して大量の倒産予測がされてます。

短期的な為替や株価動向を占うに
帝国データバンクの倒産速報は要チェックです。

正月3が日

お正月は雑談つづきで行きます。
今年は4日が日曜なので正月休みが普段は短い会社でも
ちょっとのんびりできてちょっとハッピーなのではないでしょうか。

田舎の中小企業やオーナーが権威主義のところは
この時期に社長宅詣であって実質的には出勤日と
同じようなものというところもあるようです。

人の気持ちを大切にする企業が1社でも増えることを
切に願ってやみません。

米国からの経営手法や株主重視経営、ISO、J-SOXなど
金科玉条のようにおしすすめてきた風潮...その米国が
こうなっている状況を踏まえ、日本が大切にしてきた経営が
見直される1年になることを願っております。

今の日本の政治や経済界の重鎮は戦中に不都合を避けて
人に押し付け逃げ回ることで生き延びた人達で、尊敬する人達は
みな戦死か戦後に戦犯として失われたと言ってる年配の方が
いました。

そういう目でみると今の状況はナルホドなと思います。

ただリーダー待望論を唱えているだけでは何も変わらない
ですけどね。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。