観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索エンジンの順位(Geogle編のとりあえずのまとめ)

30日分31日分と2つ続けた検索エンジン(とりあえずGoogleで)の上位にくるための記事を
とりあえずのまとめです。(^-^)

Googleのインデックスローラーに

①サイト情報を調査しやすい環境にした上で

②サイト内容を”検索して欲しいと意図しているキーワード”で認識させる

③”このサイトが価値ある”と判断させる

と検索結果で上位になるということです。


①サイト情報を調査しやすい環境とは

more...

スポンサーサイト

検索エンジンの順位(続)

昨日に引き続き、Googleでどういうものが検索上位になるのか
勉強かねてのブログネタです。


◆ページ本文中に他のサイトへのリンクをたくさん張り、そのアンカーテキスト
 部分には効果的なキーワードを含めるようにする

 他のページにリンクを張るというのも価値があると判断されるそうです。

 昨日は”リンクがたくさん張られたサイトに”、”リンクをたくさん張ってもらう”
 と価値があると判断される話を書きました。これは引用の多い論文は
 価値があり、また価値のある論文に引用される論文は価値があるという
 ことが背景にある考え方でした。

 なぜ他のページにリンクすると価値があると判断されるのかについて
 背景とされる考え方は書いてありませんでした。

 そしてリンクを張るアンカーテキスト部分に効果的なキーワードを
 入れることが有効だそうです。

 昨日の話ではこの部分をリンク先の情報として認識するということだったの
 で、当該サイトには関係がないような気がします。
 先を読まないとこの謎は解けないのでとりあえず先にすすみます。
 

more...

検索エンジンの順位

検索することはあっても、自分でサイトをもつこともなく
仕事でもなかったのでどうやったら検索エンジンで
上位に掲載されるか興味はほとんどありませんでした。

ブログを書きはじめてちょっと興味が湧いたので
最新の本ではないですが借りてGoogleの仕組みから勉強はじめました。
同じような方の参考になるかも知れないので
勉強がてらブログネタにしてみました。

技術革新がとても早いこのネット世界では、すでに変って
しまっていることもあるかと思いますが、お気づきの方は
コメントの方でご教授いただけると助かります。

さてGoogleは...

◆ページランクというので基本的に判断するようです。(それだけではないようですが...)

 ページランクというのは

more...

ゼネラルマネジャー

長谷川監督になって初年度こそ苦戦したものの
ここ2年はシーズン4位でクリアしてきた清水エスパルスですが、
今シーズンはなかなかはずみがつきません。
勝ち点差は少ないものの降格圏もちらつく順位で低迷しております。
ただしナビスコ杯だけは好調で準決勝まで勝ち進んでいますが。。。

今シーズンは期待される年だったように思います。
過去3年有望な新人を迎えて彼らが経験を積んで成長していることや、
フェルナンジーニョも2年目を迎えてチームにフィットするであろうことや、
下馬評の高いブラジル人FWマルコスアウレリオをむかえたこともあり、
優勝争いを期待しうる予感があったように思います。
(贔屓目も入ってるかな・・・)

マイナス要素はクラブマネジメントの手腕に定評があるゼネラルマネジャー
が他クラブに引き抜かれたことでしょうか...

これが意外と大きかったのかなと思わされます。

more...

売れる販売企画

マーケティングの
5P:Product、Pricing、Packaging、Place、Promotion
3C:Customer、Company、Competitor
なんかを参考にしながら要素別に着想を変えて
いろいろとアイデア出しをして
アイデア段階はなんかいい感じでも実際にサービス開始をすると
アレレ???ってことはないでしょうか。

アイデア段階は自己陶酔してしまってないでしょうか。
なんかパッと閃いたことに酔いしれて、いいところしかみえてない
ってことはないでしょうか。

そんなときに周囲にちょっとでも否定的なことを言われると
「こいつはわかっとらん」、「ネガティブなやつだ」と無視して強引に
すすめて失敗する...そんな経験はないでしょうか?

そうしたことを避けるには、

more...

うまか食 ! らーめん

ラーメンはたくさんのサイトで語られてますので
今更感もあるのですが、自分が忘れないためのメモなので
気にせず書いてみます。


more...

新規事業のように未知なことへのチャレンジでは...

心配事は考えれば考えるほど山ほどでてくる。

 もしもこうなったら...

万全の準備をしたつもりでも、一抹の不安は残ります。
予期せぬことが起きるかも知れません。

理詰めで考え、どんなに下調べしてあっても、
自分にとって未知の分野へのチャレンジは
”ひょっとして何か見落としてないか?”
という不安がよぎります。

失敗した時の影響が大きければ大きいほど
心の平静は乱されます。

はたして天候は大丈夫だろうか
予期せぬ事故で電車がストップしたらどうしよう

心配しても自分でどうにもならないことまで気になってしまいます。

でも心配して疲れるだけのことは心配するだけ損です。
対策をうてることは考えようもあり、不安をやわらげることは
できますが、そうでないものは疲れてしまうだけで、いざ何かトラブルが
生じたときに対応する力が出ないぐらいに疲弊してしまってはいけません。

たしかに未知の分野は何か起きるかも知れません。
でも自分の運勢を信じて、そしていざというときの対応力を
養うためにも、良い方向に向かうことをイメージすることです。

more...

権限がない !

◆「権限がない!」

 次のようなことは会社の中ではよく聞く言葉ではないでしょうか?

  うちは組織的に運営がされないんだよね~
  だからいつもぐちゃぐちゃで何もできないんだよ~

  権限がないんで何もできなんだよ。
  経営がまずいから力が発揮できないんだよ。。。


◆本当にそうでしょうか?

 ケース・バイ・ケースなんでなんともいえないですが、
 本当にそうなのか自分で納得するまでもう一度よく考えてみることが
 必要だと思います。

 大学で習うような経営論はワンマンは悪で、組織的運営は善とでもいう
 風潮があるので鵜呑みにしがちです。
 こうした先入観を与える言葉なだけに、注意が必要です。
 下手をすると組織内の権力闘争で風説流布に利用されていることも
 ないわけではありません。
 ストレスがたまっているとK泉内閣のように単純な図式で憎悪を向かわせる
 構図をつくりだす戦略にはハマリやすいものです。
 どんなときも自分で咀嚼して実感できるかを確認することは大切なことだと
 思います。

more...

おいしさを連想させる言葉って?

◆通販でどうやったら幾多の商品から選ばれるのか?

 お中元やお歳暮、通販では数々の商品が売られています。
 幾多の星のような中から選んでもらうにはどうしたらいいでしょうか?


◆まずはアクセス

 ネット通販ではサイトにアクセスしてもらうには検索してもらうキーワードが
 入ってないことにははじまりません。
 カタログ通販やDMもターゲットの手元に届いて開いてもらわないと
 はじまりません。

 ネットショップに来店がない、カタログを誰もみていないということでは
 手の施しようがありません。

 ネットならせっせと検索にひっかかるようにアフィリエイト検索のキーワード
 買いや検索されるキーワードをもつアイテムを品揃えする、カタログなら
 通販の利用癖のある人の手元に届くように大手通販などカタログを同梱
 してもらうようなことなどがありますが、この件はここではパスします。

◆モノ売りでなく事売り

 なんとかアクセスされたとして(手元にカタログが届いて開いたとして)、
 どうしたら購買につながるのでしょうか?

more...

おつかれさまでした。 なでしこジャパン

残念ながらメダルに手が届きませんでしたが、
ここまでワクワクさせてもらえました。

私からメダルをあげたい気持ちです。

おつかれさまでした。 なでしこジャパン!

PDCAサイクル !

◆PDCAサイクルって?

 Plan-Do-Check-Actionのサイクルをまわすことを
 頭文字をとってPDCAサイクルと呼ばれます。

 簡単に説明すると計画をたてて(目標を設定して)、実行し、
 その結果を確認して挽回策など軌道修正の行動を加えることを
 繰り返すことです。

 具体的に期限をきった目標をもって、その進捗を確認しながら
 すすめていくのはよく知られた○×の法則○カ条なんかにも
 出ていることです。
 人が成長し、成果を収めるための原則のようなものといっても
 いいかも知れません。


◆PDCAサイクルは活性化の基本原則

 PDCAサイクルがまわっていることが社員を生かし、業績を
 収めるには大事なことと言われます。

 大手自動車メーカーの再建で外資がふるったコミットメント経営
 もPDCAサイクルをまわすことです。計画をコミットメントして
 進捗を確認し、達成してない場合は責任を問うのではなく、原因
 を問い、軌道修正を加える...社員から見て本当にそうなって
 いるのかは分かりませんが、雑誌のインタビューではこんな風に
 こたえていました。

 社員が元気な会社は得てして目標数値や期限などGoalベースで
 包括的に約束をして、実行は任せ、結果は問う経営がされています。
 結果の問い方も大事で、責任をおいつめ二度と浮かびあがらないよう
 なことはしません。結果がダメで給与が下がっても
 「今回はダメだったけど次回はリベンジするぜ」
 ぐらいでないと変な緊張感で追い込まれた萎縮した組織になります。
 そうならないように問いかけなくてはなりません(逆にまったく緊張感
 の無いのもダメですけど)。

 PDCAサイクルをまわすことは企業活性化の基本原則...って
 思うのですが、実際にあてはめるには次のように悩むところが出てきます。


more...

うまか 食 ! ~なでしこジャパン残念!の気分転換に

たくさん記憶に残る店もありますが、
何も書いておかないと忘れてしまいそうなので
新しいカテゴリーをおこして少しづつ書き溜めて
みます。

今日はトンカツ   特に意味はないですけど・・・

more...

今日は なでしこジャパン!

今日はなでしこジャパンの準決勝です。

この勢いは金メダルの快挙を期待させてくれます。

周囲から”見ていて楽しいサッカー”と聞いてます。
迂闊にもノルウェー戦は見逃し、中国戦は前半戦で祝杯を
あげ過ぎて、ハーフタイムに熟睡でした。

人もボールも動き、攻撃の意思を感じる楔のパス、強い気持ちが
競り合いも粘らせる...
今日こそ全部見逃さないようにしたいものです。

男子サッカーはパスがまわっても得点する気がしなかったです。
初戦は練習通りのパターンでゴール前のフリーを外したのも
痛かったです。

1TopはJリーグでもうまくいかないことが多いシステムです。
Jリーグで過去やられた例は楔の1Topに2シャドーを置くパターン
だったかな。2シャドーが守備を両立して間延びさせず、ポジション
チェンジなど変幻自在な攻撃をするには驚異的な豊富な運動量
が要求されます。
パスが上手なだけではなかなか。。。
また、1topはスーパーなFWが前提に思います。

頑固に1topに固執し過ぎて解雇に至った監督の例はあったりしませんか?

途中からFW投入で必ずしも1Topというわけでもないですが、
反町ジャパンの1Topは失点しないこと優先のような解説がされて
たようです。真意はどこにあったのでしょうか?
どなかたわかる方、解説おねがいします。

パスまわしの巧い選手はいっぱいいたようですが、得点に至る気が
しなかったのは何故でしょうか?

今日はそんなモヤモヤもなでしこジャパンが蹴っ飛ばして
スカッとさせてくれることを願いつつ。。。

応援します!  がんばれ なでしこJapan!!!

どうなるニッポン?! 「日本経済を襲う二つの波」を読んで

経営には先々の読みが大切です。
変転とする情勢の根底に流れる基調をよみとり、
後追いにならないよう構造転換を図っていかなくてはなりません。

混沌とする経済情勢...いかになるか?
ヒントが欲しくて”良い円安、悪い円安”などで著名な
リチャード・クーの「日本経済を襲う二つの波」を読みました。

前段には米国のサブプライムローン問題が書かれています。

なにやら米国では住宅ローンの返済は物件を返せば
もう返済義務はないようなことも書かれてます。

more...

なでしこ快勝!

完全アウェーのなか、見事気持ちの面でもたじろぐことなく
快勝です。おみごと!!!
サッカーはヒトの気持ち、精神の働き、メンタルが大きく
影響するスポーツに感じます。

次はアメリカにリベンジとドラマチックな展開になるとうれしいな。。。


応援します! なでしこジャパン


ではまた

がんばれ なでしこ

今日はなでしこジャパンの準々決勝です。

男子は残念ながらみるべきところも少なく敗退したようですが、
Jリーグの人気に影響が出ないかがちょっと心配です。
こちらはA代表にがんばってもらいたいものです。

なでしこの決勝トーナメント進出を決めた試合はなかなかだった
ようですね。すっきりしたという感想を聞き、とても残念!

今日は真にアウェーの試合で中国戦!
この強豪相手にすっきりさせてもらいたいものです。

最近、リチャードクーさんの「二つの波」という本を読みましたが、
その中で日本はバランスシート不況を脱したものの資金需要の
回復が弱いこと、そしてそれには中国の台頭があり、かつての
英国のように追いつき追い越される時がきたことを述べていまし
た。

中小企業はグローバリゼーションの中で淘汰されるという物騒な
お話もついてます。中国というのはビジネスの戦いにおいても
強敵です。

まずはなでしこジャパンを応援します!



話は変わりますが、周囲に話しかけてみると意外と心配して
くれてたりすることがわかってありがたさが身に沁み、気持ち
が助かることってありませんか?

今日はそんなことがあった良い一日でした。

グローバリゼーションという強風の中で周囲にまどわされること
なく、気持ちを荒らさない職場を大切にしたいものです。

ではまた

変えられることを考えよう・・・

上には上があり、下には下がある...どちらを向くかは本人次第。

ものごとには受け止め方次第でいろんな見方ができます。
長所と短所も裏腹な関係であったりします。
トップのリーダーシップで意志決定がはやいという特長も
一方では経営幹部が育たないという弱点をもっていたりします。
チェーンオペレーションが不十分で店舗ごとにやり方がバラバラ
であったところが、流行り廃りへの対応力が強かったりします。

一面だけみては裏にあるよいところを削いでしまうこともあります。

多面的に事実認識することは大切です。
そして事態がよくなる方向でうけとめ、自分の気持ちがプラスに
向かう方向に考えるのがいいようです。

いろんなことは受け止め方次第、他人を変えるのは難しいですが
自分は自分次第で変えられます。

相手のことも含めて自分で変えられないことをクヨクヨ考えていても
損なだけです。
変えられることを考え、そこをてがけることで結果として変えられない
と思っていたことも変わるかも知れません。

周囲の陰口を聞いても気にしないことです。

こんなことをこれまでに教わり、思い出しながらあらためて認識しながら
過ごすのも成長に向けてのいい体験なのかも知れません。

ではまた

拍手ありがとうございます。

拍手ありがとうございます。

今のところgoogleやyahooで検索しても何故かひっかからないブログです。
ありがたい訪問です。

どうやったら検索にひっかかるようにできるのか???
おいおいと改善していきたいです。

今日も暑かったです。
久々にかみさんが自発的に腕をくんでくれたのがうれしかった(*^^)

Soccer

サッカーはすこし遅めの高校からのスタートです。
弱小のサッカー無名高校でしたが10数年ぶりに
県大会まで出場できました。

中学までは野球をやっていたのですがファインプレー
一本で区切りがつくスポーツでしたが、サッカーは
ファインプレーをしても休んだら水泡に帰してしまい
ます。見事スライディングで奪っても、インターセプト
しても、スルーパスをしても次のプレーをすぐに動き
ださないと意味がなくなってしまう連続性のある
スポーツで面白かったです。

いまやプレーすることはなくなりましたが、Jリーグ
のTV中継がはじまったときはとても楽しみでした。
JリーグバブルのV川崎(現東京V)のパスサッカー
は楽しかったし、全盛期のN-BOXシステムで
流動的なジュビロサッカーも見てて楽しかったです。

会社に入って働いている人をみるとサッカーをやっていた
人と野球をやっていた人とタイプがくっきり分かれるように
感じてます。

野球をやっていた人は内野ゴロでヘッドスライディングして
アウトを宣告されてもたちあがってこないような印象を
もつことが多いです(たまたまかも知れませんが)。
失敗するとなかなか立ち上がってこないと言ったほうが
分かりやすい表現かも知れません。

サッカーをやっていた人はミスしてもうまくいってもゴール
を目指して次にできることを考える癖がついているように
感じます。失敗したら失敗したでそれを踏まえて次に
何をすればいいかを考えて動き出すといった印象です。

スポーツの違いが出るのかなと思ってますが、気のせい
でしょうか?

ではまた

ペルソナ

ペルソナってマーケティング手法があるそうです。
仮面という意味で、「企業が提供する製品・サービスにとって
最も重要で象徴的な顧客モデル」のことだそうです。

カルビーのジャガビーがそれのようです。

商品開発のターゲットを具体的な人物像として想定して
開発上の論点はその仮想の人物(ペルソナ)に聞いて
みて裁定するというものらしいです。

ターゲットを設定し、それを軸にしたコンセプトづくりは別に
目新しい手法ではないのですが、メーカーってのはけっこう
思い入れがでやすく、商品開発の際に上層部の思い入れ
でつくってしまう傾向が少なくないようで、メーカーの川下進出
というのはなかなか成功しづらいという話も聞きます。

メーカーはこれまで量販などに主導権を握られていて、
エンドユーザーと直接つながりたいという思いがあって
通販をはじめとして取り組んでますがなかなかうまくいきません。
量販といったチャネルの相手は一人(もしくは少数)、エンド
ユーザーは不特定多数...一人には思い入れを語って説得できても
不特定多数には語りきれません。

思い入れがどこかの層に偶然あたることもないわけではないですし、
それが商品開発には大事な要素でもあるのも否定はしません。
が、不特定多数のエンドユーザーマーケットで知らず知らずのうちに
ターゲットが違うのに都合のいいところをツギハギにとってしまうこと
がありませんでしょうか?
ふりかえってみると思い当たるところがあったりしませんでしょうか。

具体的な人物像があって、それに問いかけるというのは
不特定多数のエンドユーザーマーケットのどこに層をあてて
つくってるのかをわかりやすい形で明示しているのかも知れません。

わかりやすい形だからこそ、ついついターゲットからずれた思い入れ
が入り込むのにブレーキをかける作用があるのかも知れません。

文字にするとたいしたことではないかも知れませんが、分かりやすい
形で具体化しておくという心理的効果というのは意外と見過ごせない
ことなのかも知れません。オーナー企業なんかも該当しませんか?


話は変わりますが、むかーし、先輩に教わった竜馬の言葉で
こんなのがあります。
(ちょっと正確性は欠いているかも知れませんがご容赦を)


つらいかね
疲れたかね
もう諦めて引き返すかね

でもわしはそこを笑って通ったことがある


...こんな風に笑って通っていける生き方いいですね。
きっとあの人ならこんな風に何事もなかったかのように
やり過ごせるだろうと思える先輩に会えたことは人生の宝です。

ではまた

オヤジギャグの温泉街 ~それは下呂?

岐阜県にある下呂温泉ってご存知ですか?

下呂温泉には足湯が何カ所かあるのですが、その多くの場所に
なぜかカエルが飾ってあり、お土産屋さんにも“無事カエル”って
おなじみのタイトルがついたものが売っていたりします。

そして下呂温泉には白川郷の合掌造りを移設した合掌村というのがあります。

ここにはふるさとの杜というのが隣接していてカエル神社というものまであってこんなのを
はじめとしていっぱいのカエル像が飾られてます。
合掌村  kaeru  080807_1157~0001



不思議です。。。


宿に行くとそこでもカエルの置物が。。。

そこで宿の仲居さんにこう聞いてみました。

「下呂ってどこに行ってもカエルが飾ってありますが
 なにかカエルにゆかりがあるのですか?」

仲居さんはちょっと恥ずかしそうな感じで

「下呂ですから...ゲロゲ~ロなんです」

ということでした。

オヤジギャグな温泉街 下呂でした。

足湯、合掌造りと散策し、宿の料理もおいしく
オヤジギャグに親近感をおぼえ、なかなか良い休暇と
なりました。

こんな下呂温泉、いかがでしょうか?

本日スタート

前々からブログに興味を持っていたのですがなかなか
手がつかなかったブログをはじめます

環境を変えて何かとストレスがたまりがちな気分を変える
ためにもよいきっかけになればと思ってます。

どこかの地方では”くだをまく”ことを

“山芋を掘る(やまいもほっちょる)”

というそうです。

山芋を掘るようなことを書くことからスタートすることになりそう
なのでこんなタイトルにしました。

山芋掘ってばかりじゃ気分がますます滅入るので趣味の
サッカーのこと(クラブ経営も含めて)、日常に起きた良いこと、
楽しいこと、過去の思い出話など雑多に書き溜めていくつもりです。

とりあえず こんな感じで不定期更新ですが
よろしくお願いします。
                       <(_ _)>

theme : ブログはじめました
genre : 日記

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。