観葉植物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安との葛藤

誰しも不安はあるかと思います。

頭の良い人ほど先々の読みができて
不安は募る傾向があります。

不安は考えれば考えるほどたくさんでてきます。

不安にさいなまれるだけでは良いことは
ありません。

ある人は考えないようにし。ある人は酒の力で
忘れるようにし、ある人は考え過ぎて鬱になったり
します。

またある人は”ポジティブ思考”的な経典にすがり
ついて現実から眼をそむけます。

新聞の広告欄をみるとその手の書籍をみかけない
日が少なくありません。

”思うようになる”というのも否定はしません。

例えば、よくあるセリフで
”私は失敗しない。なぜなら成功するまで
 やり続けるから”
というのがあります。

でも先日にこのセリフを言っていた中国ビジネス成功の
カリスマと言われてた女性社長が詐欺で逮捕されました。

これは犯罪事件にまで発展したからでてきたのですが、
ほとんどの失敗例は表にでてくることはレアです。
そのような例をのせても書籍は売れないからです。

目をつぶってダイブしても、信じていれば成功するという
ことはないかと思います。

そんなことは分かってる方は多いのでしょうが、
不安を抱える苦しみは辛いものです。

そんな苦しみから逃れるにはなす術もなく、そうした経典に
すがりつきたくなるのも分からないわけでもありません。


失敗した時の被害最小限でヘッジする策があれば
攻めるのはこわくなくなります。経典にすがらなくとも
やっていける可能性があるのではないでしょうか。

”ポジティブ思考”も多面的な物事をする発想ならアリです。
可能性を探るなら前向きに考えてみることです。

両面からチェックすると発想がまた広がりますよね。

スポンサーサイト

サラリーマンは”手柄をアピールしたがる”

サラリーマンは”手柄をアピールしたがる”と言われます。

そういう会社が多いのはたしかのような気がします。


影の努力 や 縁の下の力持ち...

”きっと誰かが見ていてくれる。評価してくれている。”

と思ったら、-残念なことではあるのですが-大間違いです。

トップはそんなところをみていない人が多いです。
業績を伸ばすのに懸命でそんな隅々までみていられないのが普通です。

イヤイヤで目立たないところを影になって支えてあげて
”きっと誰かが見ていてくれる”と思ってやっているのに
結果として”君は目立った活躍がなかった”として評価を
下げられたときにはガッカリします。

そして目立つところだけ上手にアピールして、裏方の仕事を押し付けた
アイツが評価されたら目もあてられません。

そうした目にあえば、普通の人は
”僕も目立つ仕事をしてアピールしよう。裏方の仕事は知ったことではない。”
という発想になっても致し方が無いと思います。

だからこそ、サラリーマンは
”手柄をアピールしたがる”ようになるわけです。

そうならない場合でも
上司の目の節穴ぶりに怒り心頭で、そんな会社を嘆かわしく思い、
スッキリしない陰鬱な気持ちで毎日の職場を過ごすのも不幸なことです。

上司やトップが反省して、きちっと人物像をみてくれるように
なれば一番よいのですが、それは他人のことなので本人が
気づかないかぎりどうにもなりません。

ですが他人は変えられなくとも、自分は変えられます。

縁の下の力持ちは組織に必要です。
そういう仕事もきちんと取り組むことで予期せぬことに気がつかされたり、
意外なときに役に立つ知識を得たりします。

”きっと誰かがみていてくれる”という考えではなく、
”自分のため”と考えて取り組む方が精神的には良いように思います。

気づきや知識をえることも期待せず、”自分がやりたいからやるのだ”
といったぐらいの気持ちで取り組めば、何もなくとも腹ただしく思うことも、
憂鬱な気持ちにも陥らないハズです。


そうはいっても、そうした動きをみている同じような考えをもった仲間を
えられます。イザというときにはそんな仲間が心強いんですけどね。。。

子供が育つ魔法の言葉

子どもが育つ魔法の言葉」という書籍に


「子は親の鏡」~子どもたちは、こうして生き方を学びます
Children Learn What They Live"by Dorothy Law Nolte


として、どういう育て方をするとどういう子供が育つかを紹介してました。

ナルホドと共感するところがありました。
(感心したので続き以降にその一部を書きましたが、
 著作権は「© ドロシー・ロー・ノルト レイチャル・ハリス 石井 千春」
 にあります。転載・転用は控えてくださいませ。)

子供の躾はまず親自身からですね。
以前にどこかの講演会で子供を育てるのに大事なこととして

 1.あいさつをする
 2.ごめんなさいを言えるようにする
 3.はきものを揃える

の3つをあげていました。そしてこれをできるようにするには
「自分がやることです。」と言ってました。

その通りだなと思います。
矛盾しているようですが、それも押しつけがましい気持ち
---「子供にやらせる」という気持ち---でやっていては
ダメなようです。

たとえば製造現場の5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)がありますが、
掃除の習慣をみにつけるのは大事であってもなかなか面倒なものです。

リーダーがメンバーを躾ようとして、メンバーの見えるところでおしつけがましく
掃除をしていても、その時にメンバーは仕方が無くイヤイヤやってくれたと
しても自分で決めて進んでやったことではないので、一時的なもので
終わります。むしろ、嫌がられます。

掃除で有名なイエローハット創業者の鍵山さんという方がいますが、
この方は誰に掃除を強いることなく、自分一人でコツコツと掃除を続け
ていたら、知らず知らずのうちに掃除をする社員が1人またひとりと増えて
社内全体に広がっていったそうです。

なかなか出来ないことですが、リーダーは自分が報われることを期待して
取り組んでいては真にリーダーになれないことを示唆しているように
思います。

自分が目立とう、報われようとばかりする人をリーダーにする職場は
荒れます。成果主義の風潮がつよまる中でその傾向は拍車がかかって
いるように感じます。日本の社会も荒れるわけです。

...ボヤキブログらしくボヤいたまま今日は終了します。

more...

エゴグラム

エゴグラムという自分の性格判断方法があります。

周囲でやってみるとナルホドという感じがあります。

自分の性格を知ってはじめてコントロールすること
ができるのかも知れません。

エゴグラム、周囲の人も一緒になってやってみませんか?

今日は日曜日

”明日から仕事開始!”と思うと楽しくないので

”今日は日曜日!”と思って過ごします。

ほんとは”明日から仕事開始!”と うきうきわくわく するように
しないと人生の大半を無駄に過ごすことになってしまいます。

環境を楽しく変えることをテーマに取り組んでいきます。

そしてブログでのボヤキも続けていきます。

中華テーブルでの食事

ずいぶんと前に取引先の方から教えてもらった

天国と地獄の中華テーブル

という話です。

どちらも同じおなじみの中華で使うテーブルがまわる円卓です。

ただお箸が変わっていて腕の長さほどもあるほどとても長いのです。
お箸が長すぎてうまく料理をつまむことができません。
どんなに必死になってやってもおいしそうな中華料理をたべることができません。

お箸を使って食べること以外は許されてません。

地獄の人たちは誰ひとりとして目の前のおいしそうな料理を口にすること
はできませんでした。

ところが天国の人はおいしく食べて楽しいときを過ごすことができたのです。
天国ではいったいどうして・・・?

more...

成功への7つの習慣...

成功への7つの習慣が起源なのかも知れませんが、
心の持ちようを説く書籍が増えてきたように感じます。
ある意味 新興宗教的なのかも知れません。
先が見えず、苦しむ世の中がゆえ、心の救いを求めるのも致し方がないところです。

極論かも知れませんが「マリオネット」の主(あるじ)になれということなのかな
とも思うことがあります。
自分というマリオネットを操る自分・・・
分かりにくいですが俳優となって演じるということでもイメージしてもらえば
いいのかも知れません。

世界恐慌に突入したかも知れません。
演じる自分と冷静な自分を持ち、パニックにならないようコントロールする術は
必要に思います。

唐突な雑談でありました。<(_ _)>

ひと休憩

今日はひと休憩・・・

同じ話題を続けてるとちょっとストレスになるかもです。
「ぼやき放談」がテーマなので、肩の力抜いていきます。

9月の声を聞き大雨があって少し涼しくなったかと思うと
また暑い日がぶりかえしたりで、落ち着かないものです。

脳を活性化させるには心を元気にしておかことが必要です。
1日1善じゃないですが、スタート当初はブログにその日に
あったいいことをなんでも1件書くようにしようかなって
思ってましたが、いまやなかなか路線が外れていってるかも
知れません。

意外と1日1件いい出来事のブログネタってみつからず、
いざブログ書こうとすると”うーん・・・”ってなってしまったところ
からこんな感じになってました。

もともと意識してないと楽しい出来事に気がつかないので、
ブログネタにすることでそういう癖を身につけて、1日の時間を
できるだけ長く楽しめたらなぁと考えてたものです。

ひと休憩してたら思い出しました。
こういういいこともあるんですね。読んでない雑誌、書籍もたまって
きましたが、プレッシャーに感じず、今日1日ひと休憩・・・

新規事業のように未知なことへのチャレンジでは...

心配事は考えれば考えるほど山ほどでてくる。

 もしもこうなったら...

万全の準備をしたつもりでも、一抹の不安は残ります。
予期せぬことが起きるかも知れません。

理詰めで考え、どんなに下調べしてあっても、
自分にとって未知の分野へのチャレンジは
”ひょっとして何か見落としてないか?”
という不安がよぎります。

失敗した時の影響が大きければ大きいほど
心の平静は乱されます。

はたして天候は大丈夫だろうか
予期せぬ事故で電車がストップしたらどうしよう

心配しても自分でどうにもならないことまで気になってしまいます。

でも心配して疲れるだけのことは心配するだけ損です。
対策をうてることは考えようもあり、不安をやわらげることは
できますが、そうでないものは疲れてしまうだけで、いざ何かトラブルが
生じたときに対応する力が出ないぐらいに疲弊してしまってはいけません。

たしかに未知の分野は何か起きるかも知れません。
でも自分の運勢を信じて、そしていざというときの対応力を
養うためにも、良い方向に向かうことをイメージすることです。

more...

変えられることを考えよう・・・

上には上があり、下には下がある...どちらを向くかは本人次第。

ものごとには受け止め方次第でいろんな見方ができます。
長所と短所も裏腹な関係であったりします。
トップのリーダーシップで意志決定がはやいという特長も
一方では経営幹部が育たないという弱点をもっていたりします。
チェーンオペレーションが不十分で店舗ごとにやり方がバラバラ
であったところが、流行り廃りへの対応力が強かったりします。

一面だけみては裏にあるよいところを削いでしまうこともあります。

多面的に事実認識することは大切です。
そして事態がよくなる方向でうけとめ、自分の気持ちがプラスに
向かう方向に考えるのがいいようです。

いろんなことは受け止め方次第、他人を変えるのは難しいですが
自分は自分次第で変えられます。

相手のことも含めて自分で変えられないことをクヨクヨ考えていても
損なだけです。
変えられることを考え、そこをてがけることで結果として変えられない
と思っていたことも変わるかも知れません。

周囲の陰口を聞いても気にしないことです。

こんなことをこれまでに教わり、思い出しながらあらためて認識しながら
過ごすのも成長に向けてのいい体験なのかも知れません。

ではまた
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング(クリック)
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

CAP_HARC

Author:CAP_HARC
FC2ブログへようこそ!

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

片岡洋一の挑戦ブログ☆未来にかける橋☆

部品メーカーから総合商社の☆営業マンになった男ブログ ~くじら村から発信中!!~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。